1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      大分県上海事務所の業務と今後の中國ビジネスの展望について

      【はじめに】

      3月27日に大分県庁で中國?上海最新事情セミナーと題した講演を行う機會に恵まれ、県內企業の方々など100名余りの參加者を対象にお話をさせていただきました。

      今回の「上海熱線」では講演のダイジェストを掲載し、參加できなかった方々にも內容をお屆けします。


      講演會の様子

      【大分県上海事務所の業務】

      當事務所の主な業務は、「県內企業の中國ビジネス支援」、「県産品の輸出?販路拡大」、「中國人観光客誘致」、「中國進出支援」、「情報収集?発信」、「大分県人會」などです。

      寫真は昨年11月に中國ビジネス支援として県中小企業団體中央會の視察団が訪中した際に上海市金山區日本中小企業産業園をご案內したときの様子です。


      上海市金山區日本中小企業産業園視察

      県産品の輸出拡大は、各種物産展や展示會、商談會等を通じて行っています。昨年度は中國で最も消費が盛んになる春節前に瀋陽で行われた九州物産プロモーションに參加しました。同じく1月には上海で行われたJChereが主催する展示販売會にも出展しています。上海での展示會では、貿易會社などとの商談會も開催して販路の拡大を図りました。


      JChere商品展示販売會

      販路開拓商談會

      観光客誘致については、日常的な旅行會社への営業活動のほか、各種観光展や地域PRイベントに參加して推進しています。寫真は昨年9月に上海で行われたオールアジアクルーズコンベンションと12月に同じく上海で開催された天皇誕生日祝賀レセプションでの様子です。


      オールアジアクルーズコンベンション

      天皇誕生日祝賀レセプション

      情報発信は當事務所のホームページで活動狀況を紹介しているほか、ジェトロ大分情報誌への寄稿や毎月1回のOBSラジオ番組出演などで中國?上海事情を県內の皆さんにお伝えしています。


      上海事務所ホームページ

      OBSラジオ「朝感ラジオ」 上海トピックス

      當事務所は上海大分県人會の事務局も務めています。會員は現在約100名で、3か月に1回の懇親會や日帰りツアーなどを通じ親睦を深めています。上海大分県人會は大分県內で留學経験のある中國人の會員が多いことも特徴です。


      上海大分県人會

      また、上海大分県人會で特筆すべきことは、會員が大分県企業の中國ビジネス展開の相談に乗ってくれる態勢を整えていることです。當事務所ホームページに相談コーナーのアイコンが設置されており、當事務所を通じて會員の方と相談が行えるシステムになっています。


      中國ビジネス相談コーナー

      【県內企業の中國進出と中國に輸出されている県産品】

      現在、大分県から中國に進出している企業には、衣料関係ではダイナン(上海、江蘇省溧陽)、ユキネーム(上海)、食品関係では上海大鶴蛋品(上海)、壽司めいじん(上海)、ベルクール(武漢)、武漢九州乳業(武漢)、自動車関係では江藤酸素(大連、上海)、豊洋精工(湖北省襄陽)、ディスプレイ什器関係は平和マネキン(上海、蘇州)、物流関係ではNBSロジソル(大連、上海)、臼杵運送(上海)などがあります。

      また、上海で定番商品となっている大分県産品には三和酒類の焼酎?リキュール、富士甚醤油の醤油?麺つゆ、JAフーズおおいたのジュース、四井製麺工場の乾麺などがあります。


      ダイナン

      上海大鶴蛋品

      壽司めいじ

      ベルクール

       

      【今後の中國ビジネスの展望】

       今後の中國ビジネスの見方は悲観論と楽観論に大きく分かれているように思えます。

       中國経済や中國投資に悲観的な見方をする人はその理由として、「中國の経済成長の減速」、「今後の労働力人口の減少」、「人件費の高騰」、「領土問題?反日機運の高まり」、「大気汚染など深刻な環境問題」、「貧富の格差拡大」、「暴動の頻発」などを挙げます。

      一方、楽観的な見方も多く、その根拠として、「8%近い成長の現狀」、「インフラの整備」、「サプライチェーンの充実」、「豊富な人材(日本語人材含む)」、「內陸部の都市化」、「圧倒的な市場規?!工胜嗓瑨い菠椁欷蓼?。

      ここ1~2年、中國の景気減速や反日デモ、大気汚染問題などの高まりを受け、日本企業の海外進出の関心が、「チャイナプラスワン」として東南アジア諸國に向けられています。東南アジア諸國も有望な市場でしょうが、國によってはインフラが中國ほど整備されていない狀況であり、日本語を理解する人材が不足していることはよく指摘されています。また、タイ、マレーシア、ベトナム、ミャンマーのGDPをプラスしても広東?。笔·危牵模肖韧幠¥扦ⅳ?、市場としての中國を無視するのは企業の戦略としてあり得ないとの意見もあります。

      また、貿易?投資をめぐる世界情勢の変化にも目を向ける必要があります。國內に賛否両論はありながらもTPP(環太平洋戦略的経済連攜協定)、RCEP(東アジア地域包括的経済連攜)、日中韓FTA(自由貿易協定)の交渉が今年から始まることとなっています。さらに今年3月にはEUとのEPA(経済連攜協定)の交渉開始も合意されたところです。

      こうした協定等の妥結がいつになるのかは現時點で何とも言えませんが、長期的にみれば貿易自由化の流れが加速する方向にあり、現時點では障壁の多い中國への輸出や投資ですが、自由化の枠組みが整えば狀況が現在とは大きく変化することが考えられます。


      【上海事務所の活用を】

      今後県內企業の皆さんに考えていただきたいのは、事業の海外展開に関心を持つことと、日本の報道だけに頼らずご自身の目で海外の実情を見ることです。

      上海事務所では中國?上海に関心がある方の現狀視察をサポートしています。寫真に掲載したのは、昨年11月に県中小企業団體中央會の視察が訪問した「蘇州市木瀆鎮日本企業サービスセンター」です。食品関係では「香港Food Expo」、ギフト関係では「上海ギフトショー」などの展示會もありますし、ものづくり関係では「日中ものづくり商談會」、自動車関係では「オートメカニカ上?!?、工業全般では「中國工業博覧會」など、出展?視察できるたくさんの機會があります。


      蘇州市木瀆鎮日本企業サービスセンター

      香港Food Expo

      日中ものづくり商談會in上海

      こうした場所、展示會については、當事務所のホームページにも內容を掲載していますので是非ご覧ください。

      http://www.vcprop-investment.com/

      今後とも積極的に上海事務所をご活用くださるようお願いします。


      上海事務所が入居する上海國際貿易センター

      事務所正面

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>