1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      連続インタビュー 「中國ビジネスの今後について」
      ~中國在住の大分県関係者に聞く~

      【はじめに】

      前回に引き続き、中國在住の大分県関係者へのインタビューをお送りします。第2回目の今回は上海住友倉儲有限公司副総経理で上海大分県人會幹事長の鳥羽秀徳さんお話をうかがいました。


      「これまで約20年にわたり上海で仕事をされてきたと聞いていますが、この20年間の中國?上海の変化についてお聞かせください?!?/p>

      「この20年間、市內に高架道路ができたり、東方明珠タワーができたり、凄いスピードで上海の街が変化していく姿を見てきました。今PM2.5が話題になっていますが、私が來たころは、上海の開発が本格化した直後で、毎日多くの家屋が壊され、ほこりで窓も開けられない狀態でしたので、今は隨分空気がよくなったと感じているくらいです。赴任當時、最低賃金が210元で、現在の1620元と比べると約8分の1でした。2008年の労働法制定により労使関係が大きく様変わりして解雇が大変難しくなり、労働者の管理が大変になったというのも仕事上の大きな変化です?!?


      鳥羽副総経理

      「中國で仕事をする際、外國人?日本人としての心構えが大切であると?!─挙筏丹欷皮い蓼工?、その點についてもお聞かせください?!?/p>

      「最近、日本から中國に赴任する若い方々を見ていると、中國人と接しようとせず、日本人だけで固まろうとしており、その點を大変危懼しています。中國に來れば日本での肩書、名刺は何の意味も持ちません。トラブルが発生して困った時など、本當に頼りになるのは、親身にお世話をしてくれる地元の中國人です。中國の友人を作り人脈を築くことが、こちらで仕事をする上で非常に大事です。私も約20年間やって來られたのも、數多くの中國の友人のお陰と心から感謝しております。敷居が高いような政府の方にしても、心を込めて相談すると、いろいろ親身になって教えてくれますし、私も実際に助けていただきました。我々は常に中國で働かせていただいているとの気持を持つことが大切と思います?!?


      鳥羽副総経理とのインタビュー


      「鳥羽さんは上海大分県人會を設立した発起人の一人ですが、これまでの県人會のあゆみや果たしてこられた役割などについてひとことお願いします?!?/p>

      「1999年頃でしたが、全日空の方から安永博信さん(現會長)を紹介され、その出會いをきっかけに、2人で大分県人會を立ち上げました。當時は上海に在留登録をしている日本人が3000人程度で、大分県人會も確か5人からスタートしたと記憶しております。徐々に口コミでメンバーが増え、県の上海事務所が事務局を擔當するようになったことを機に、APUのOBの方も多數參加するようになり、他県が羨むほど大変結束した會に発展しました。今後は、會員の方々が仕事の面で繋がって行くことを期待しております?!?


      「この20年の間に日中間は経済的関係が大きく深まったと同時に、時には様々な政治的摩擦も発生しました?,F在の日中関係をどのようにとらえていますか?」


      「現在はお互いに引くに引けない難しい狀況と思いますので、急激な回復はないと思います。しかし、雙方とも更なる悪化を回避する努力を続けると思われますので、狀況は徐々に回復するのではないでしょうか?!?/p>

      「今後の日本企業の中國ビジネスの可能性についてについて、どのように見ていらっしゃいますか?」


      「農業分野、有機肥料、食品、環境改善機器などのビジネスが益々伸びると思います。特に中國では農業は作物を作っている人の顔が見えず、農薬を過剰に使用しているなどの問題を抱えています。また、食品も白酒、ワイン、ウイスキーから食肉、飲料水に至るまで、口にすると人體を害するようなニセモノが橫行しています。安全と安心を中國の方々に提供できれば、大きなビジネスチャンスがあると思います。中國は環境問題が深刻になっており、日本のクリーンなごみ処理などは中國の人々に大変喜ばれると思います。ただ、日本企業だけで事業を行うのは難しいので、よい合弁先を見つけられるかがカギです。安全と健康を売りに中國の有力な方と組めば大きな可能性があると思います?!?


      「今、上海で流行っているビジネスには例えばどのようなものがありますか?!?/p>

      「最近、上海の日本料理屋を見ると女性客が非常に多くなっています??亭?割が女性というところもあります。これは最近の健康志向と無関係ではありません。特に上海で繁盛する日本料理店は常に日本人のお客さんがいて、従業員が日本語であいさつすることが特徴です。お客さんは本物の日本料理を求めているということです。また、家庭菜園なども人気を呼んでいます。これも生産者の顔が見える安全な農産品、食品というということにつながっていると思います?!?


      「大分の中小企業でも今後、中國で勝負できそうな業種?分野があれば教えて下さい?!?/p>

      「農業、食品加工、環境分野などで十分勝負できると思います。キーワードは『本物と安全』です。日本から中國への輸出は現狀では制限も多く大変でしょうから、健康によい手作り豆腐やぬか漬けなどを中國で生産し、富裕層に宅配するなどの方法ができれば売れるのではないかと思います。皆さんは、中國人がぬか漬けを食べるのかと疑問に思われるかもしれませんが、これまでの常識に縛られないことです。例えば、90年代の中頃、友人の中國人が日本から回転壽司の機械を導入して回転壽司屋を始めました。當時、中國人は生ものを食べないというのが常識であり、誰もが回転壽司ビジネスは無謀と思いました。しかし、結果は大繁盛。今は中國全土にチェーン店が何件もできるようになりました。また、家庭菜園と合わせた農場を作って大分の先進的な農業技術で作物を作ることも考えられます。その作物を大分の物流會社が市內に運び、上海市內の一角で大分の會社が大分ブランドとして富裕層向けに販売するというのもよいでしょう。そこに行けばニセモノは絶対になく、全部安全な商品だということを売り物にすることです。要はこうしたことを誰が一番先に腰を入れて実施して成功するかということと思います?!?


      「最後に、私ごとで恐縮ですが、この度の人事異動により約20年の中國勤務に終止符を打ち帰國することとなりました。大分県人會をはじめ、皆様には大変お世話になりました。帰國しましても、大分は私の故郷ででもありますし、大分から中國市場に挑戦したいという方がいましたら、少しでもお力になれればと思います?!?


      「本日は大変ありがとうございました?!?/p>

      鳥羽副総経理と上海住友倉儲有限公司玄関にて

      【終わりに】


      さすがに20年にわたり中國でのビジネスを見てきた方だけあって、多角的な視點から的確な提言をいただきました。特に上海においては常識にとらわれずにビジネスを考えていくことが重要との意見が私には新鮮に感じられました。皆さんの海外展開に関するご參考となれば幸いです。


      上海住友倉儲有限公司

      (本稿は7月4日に行われたインタビューを八坂が編集したものです。インタビューの內容は個人の感想?意見であり、中國での事業の成功を保証するものではありません。)


      鳥羽秀徳(とばひでのり)

      1954年生まれ。大分県安岐町(現國東市)出身。杵築高校卒業後、住友倉庫に入社。大阪港支店を皮切りに橫浜支店などを経て1994年に上海に赴任。住友倉庫の中國現地法人である住友倉儲の副総経理を務める。趣味のゴルフはプロ級の腕前。上海在任中、自らが主催するゴルフ大會「JS杯」を200回開催した。


      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>