1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      日本の中小企業誘致をターゲットとした上海周辺の開発區

      今年度に入って、當事務所に寄せられる中國への企業進出に関する県內企業からの問い合わせ、相談が少しずつ増えてきました。少子高齢化に直面する日本國內では今後マーケットの縮小は避けられず、將來的な海外での事業展開を考えている県內企業も多いことと思います。今回は主に日本の中小企業誘致を目的としている上海周辺の開発區を2か所ご紹介します。


      【上海市金山工業園區 日本中小企業産業園】

      金山工業園區は2003年に上海市政府により認可された上海市級工業區の一つであり、計畫面積は58k㎡です?,F在その一部が完成し、日系企業では「金井特線」、「福助」、「山崎製パン」などが立地しています。

      上海市金山工業區

      工業區內には現在、集中的に日本の中小企業を誘致する産業區「日本中小企業産業園」を建設中です。日本中小企業産業園では従來の労働集約的な産業ではなく、ハイテク、環境、醫療などの産業誘致を目指しており、具體的には以下のとおりです。

      1. 機械製造産業:中小精密機械、印刷機械、加工機械、包裝機械、自動車部品など

      2. 電子情報産業:計器?メーター(測定、分析、制御)、自動化裝置と部品(センサー、制御機、サーバー部品)、電子部品、ソフトウエア開発、メディア技術研究開発、メディア製品(ゲーム、アニメ)制作など

      3. 生物醫薬産業:醫療製品、醫療設備(畫像、測定、分析)、生物製薬、生物化學製剤など

      4. 環境型印刷産業:包裝印刷、特殊印刷、デジタル印刷、ハイテク印刷など

      5. 食品加工産業:でんぷん糖加工、保健品、機能性飲料など


      上海市金山工業區の全體計畫模型 現在、日本中小企業産業園區ではモデル工場を建設中
      (モデル工場は購入、レンタルができる。)
      次々と建設されるモデル工場 モデル工場の內部

      中國には各地に多くの開発區や工業區があり、お互いに企業誘致を競っています。金山工業區の特徴は何といっても上海市中心部からの近接性にあります。

      金山工業區は上海市內から約50kmの距離にあり、車で約1時間で行くことができます。

      また、現在、上海南駅と金山區中心部を結ぶライトレール22號線が建設中で、今年中に開通の予定です。ライトレールは金山工業區を貫き、エリア內に2つの駅が設けられています。ライトレールを使えば30分以內で上海南駅に到著することができます。


      工業區內に既に完成しているライトレール22號線の駅

      現在、日本中小企業産業園區は進出企業への様々な優遇策を検討中です。契約までには至らずとも、すでに多くの申し込みを得ているとのことです。上海市政府も初の日本中小企業を対象とした産業園區の開発に真剣に取り組んでおり、日本語で対応できる中國人スタッフも常駐しています。産業園區は「進出へのハードルが高くない今のうちに是非進出を検討していただきたい?!工仍挙筏皮い蓼?。


      【蘇州市呉中區木瀆鎮(もくどくちん)日本企業サービスセンター】

      蘇州市は上海の東に位置する長江デルタ地域の中核都市のひとつです。総面積は大分県よりやや大きな約8,500k㎡(大分県は約6,340k㎡)で、大分県の約10倍の1,200萬人が居住しています。蘇州市には日系企業が約2,000社進出しており、在住日本人は推計で約10,000人と言われています。

      木瀆鎮は蘇州市の南西部に位置する約62k㎡の地域で、人口は約42萬人です。蘇州市の西側は蘇州高新區(蘇州國家ハイテク産業開発區)があり、日本企業はじめとする世界各國のハイテク企業が立地し、日本人居住區もその中にあります。木瀆鎮はその日本人居住區から車で10分ほどの距離にあり、今年開通した地下鉄1號線の駅が地域內に2か所置かれ、周辺の商業施設、オフィスビル、住宅などの開発が進んでいます。


      木瀆鎮にある地下鉄1號線の駅 関西系のスーパー「イズミヤ」も進出
      「ユニクロ」や「洋服の青山」もある

      木瀆鎮はこれからの街づくりに向け、日本企業の優れた企業文化?サービスモデルを積極的に導入するため、2009年に政府直屬のNPOである日本企業専屬サポート機関「日本企業サービスセンター」を設立し、日本人スタッフ3名、中國人4名の體制で日本企業の誘致や誘致企業のサポートを行っています。サービスセンターによると、鎮レベルの政府で日本企業を対象にこうした手厚いサポートを行っているのは中國でも例がないとのことです。


      サービスセンター內部 サービスセンターが入居するビルの
      レンタルオフィス

      日本企業では既にエステの「スリムビューティーハウス」をはじめコンサルティング、貿易、ソフトウエア、産後ケア製品などの企業が進出し、オフィスを構えています。サービスセンターでは、様々なサービス業、例えば飲食、美容エステ、ペット産業、介護?老人ホーム、醫療?健康産業、ウエディング産業、葬儀?霊園、ソフトウエア、コンサルティング、などの誘致を推進しています。

      サービスセンターは、「上海等の中國の大都市はマーケットは大きいものの、各國の大企業がひしめき、競爭も激烈である。オフィス家賃や駐在員住居も高額で、生き殘っていくには相當な體力と覚悟が必要。木瀆鎮では大都市に比べはるかに小さな投資と、低いリスクで運営が開始できるほか、サービスセンターを通じた政府のサポートにより各種手続きが非常に早くできる。また、各種コンサルを無料で受けたり、提攜企業を紹介してもらうことも可能。是非とも木瀆を中國進出の拠點として第一歩を踏み出してほしい?!工仁訾伽皮い蓼?。

       木瀆鎮日本企業サービスセンター 公式ホームページ:http://www.mjaec.org.cn/index.php


      【上海近郊を足がかりとした中國への事業展開】

      中國への企業進出は近年、沿岸部から內陸部へとシフトしています。內陸部の場合沿岸部と比較し、人件費の安さや労働力の確保の容易さは確かに魅力ですが、駐在員の日常生活の環境は食事をはじめ、やはり厳しいものがあります。上海や蘇州は家族での赴任も容易であり、駐在員が安心して暮らせる環境があるというのは、進出企業にとっても大きなメリットと思われます。

      中國への進出を検討されている県內企業におかれては、今回ご紹介した場所を足がかりに展開を図る方法もありますので參考にしていただければ幸いです。

      金山日本中小企業産業園、木瀆鎮日本企業サービスセンターに関して、さらに詳しい情報が必要な場合は當事務所を通じて入手することが可能です。また、視察、見學を希望される場合も積極的にアテンドしますので、お気軽にご相談ください。


      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>