1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      「元気な日本」展示會で大分県を大きくアピール

      2012年、日中両國は國交正?;?0周年を迎えました。これを記念して今年は両國間の友好交流拡大と相互理解の増進に向けて、官民を挙げて日中雙方で記念イベントが開催されます。その第一弾として、東日本大震災からの復興をアピールするとともに、日本の観光、食、技術、ポップカルチャー、アニメ、ファッション等を広く取り込んだイベント「元気な日本」展示會が2月17日~26日に上海で開催され、大分県もステージイベントや、ブース出展により參加しました。今回はその様子をレポートします。


      特別出演したAKB48のメンバー

      【正大広場でのプレイベント】  

       2月17日~22日まで、浦東新區の金融街にある大型ショッピングモール「正大広場」では「元気な日本」展示會のプレイベントが行われました。大分県は、上海萬博のときに結成した中國人ダンスユニット「大分溫泉おどり隊」8人のメンバーのうち、4人が上海に在住していたことから、ステージイベントに出演し、4人の「大分溫泉おどり隊」と、今回が初めての海外出張となる「めじろん」とのコラボレーションでアップビートの「めじろんダンス」を1日2回披露。ダンスの前には、「大分溫泉おどり隊」のメンバーで、立命館アジア?太平洋大學を卒業し、この4月から東京での就職が決まっている陸蕾さんが大分県での學生生活を振り返り、溫泉や食、それに大分県民の心の溫かさを観客に伝えました。ダンス終了後は「おどり隊」と?めじろん?と一緒に毎回、記念撮影を行うようにしたところ、子供や若い女性が次々にステージに上がり大好評でした。


      溫泉おどり隊によるメジロンダンス ステージ前にはたくさんの観衆が
      子供に大人気の「めじろん」 ?。茫希樱校蹋粒伽獾菆?/td>

      【開幕レセプション】  

      2月23日、「元気な日本」展示會の開幕レセプションが花園飯店で行われ、日本からは、中野譲外務大臣政務官、泉裕泰在上海日本國総領事、奧山和則上海商工クラブ理事長、中國からは周漢明 上海市政治協商會議副主席、汪小樹 上海市対外友好協會副會長らを始めとして、日中雙方の要人が出席し、約700名の參加者で賑わいました。會場は芋の子を洗うような狀態で、特に長崎県が行ったマグロの解體ショーは黒山の人だかりができて、日本食品の不安を払しょくするに相応しいパフォーマンスになりました。


      日中要人による挨拶 マグロの解體ショー

      【上海マートでのメインイベント】

      2月24日~26日には、虹橋開発區にある大型商業複合施設「上海マート」で「元気な日本」展示會のメインイベントが開催され、福島県や宮城県などの被災地を含む37地方自治體と、日系企業約70社がブースを出展してPRを行いました。大分県は九州合同ブースの中に入るという選択肢もあったのですが、今回の展示會は日本に特化したもので、日本に興味がある中國の方々が來場することから、より具體的な大分の魅力を分かってもらおうと大分県単獨という形で出展しました。大分県の魅力といえば、「溫泉」、「食」それに今回は「美女」という新しい切り口でのアピールを考えました。

      先ずは、ブースのつくりを「溫泉天國大分」をイメージできるものにするため、壁面3面をすべて、別府の地獄と由布院溫泉の大型パネルで囲み、海地獄の前には「地獄蒸」竈の実物大モデルを設置して、加濕器を使って湯気に仕立てました。これをバックに寫真を撮ると、本當に別府の海地獄に行っているようなキレイな寫真に仕上がるので、多くのカップルや家族連れが、ここで記念撮影をしていました。見るからに高級な一眼レフやiPhoneで撮っている人が多いのには驚きです。

      今回の展示會では、強力な助っ人に來てもらいました。大分市出身で、上海でモデルとして活躍している山內藍さんです。會場內に設けられた特設ステージでは、山內藍さんが、大分の溫泉やフグ料理、ハーモニーランドなどを中國語で紹介したあとで、「大分溫泉おどり隊」とゆるキャラの「めじろん」がめじろんダンスを踴って會場を盛り上げました。


      「溫泉天國 大分県」ブース 地獄をバックにコスプレファン
      上海で活躍中の山內藍さん 藍ちゃん&踴り隊&めじろん

      「食」については、今年に入ってようやく上海への輸出が再開された四井製麺の「天日熟成うどん」、「日田梨」、「iichiko Bar(リキュール)」の試食試飲を行いました。茹であがったうどんに富士甚醤油のつゆ(かつお)をかけて來場者に食べてもらうと、行列ができるほど好評でした。今回の展示會では商品を売ることは禁止されていましたが、うどんを試食した人からは、「買いたい。なぜ売らないのか!」といったうれしいクレームもたくさんありました。また、「日田梨」(晩三吉)は味の良さもさることながら、その大きさで注目を集め、テレビ局も取材に來たほどです。3日間の試食で10ケース(約60個)のナシは、終了を待たずにすべてなくなってしまいました。三和酒類の協力でiichiko Barの試飲も行いましたが、予定していた試飲の數量がすべてなくなってしまい。再度、試飲のiichikoをいただいた次第です。

      私にとって上海で最後のイベントとなった今回の「元気な日本」展示會では、「大分溫泉おどり隊」の皆さんや山內藍さん、応援に來てくれた大分県人會の方々、それから大分から出張して來てくれた観光、農林水産部局の職員や「めじろん」らの、チーム大分の力を結集して、中國の方々に大分県の魅力や元気を伝えることができたと思っています。

      県人會の市野瀬裕生さんらが助っ人に ナシの大きさにびっくり!
      iichikoファンの春秋航空CA 大人にも人気の「めじろん」

      【おわりに】

      私事で恐縮ですが、この3月末で4年間の任期を終えて大分県に戻ることになりました。2008年4月に中國に赴任して以來、大分県産品の市場開拓や中國人観光客の誘致を中心に取り組んでまいりました。この間、皆さま方には大変お世話になりありがとうございました。私が中國にいた4年間は、偶然にも四川大地震、北京オリンピック、リーマンショック、新中國成立60周年、上海萬博、中國共産黨成立90周年、日中國交正?;?0周年など大きな出來事が続き、政治的にも経済的にも中國の存在感が急速に高まった時期でありました。(おそらく)中國が一番輝いた時代に、ここで仕事ができたことを感謝するとともに、中國で體験?経験したことが少しでも大分県の発展につながるよう次の職場でも盡力する所存です。

         

      (以上)

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>