1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      日本観光?食品の復活に向けた取り組みについて

      現在、東日本大震災からの復興に向けて日本では國民が一丸となって取り組んでいますが、中國との関係では、訪日する観光客が激減し、中國側の輸入規制及び風評被害により日本食品の中國への輸出も大きな影響を受けています。こうした狀況を打開するため、6月に上海で2つの大きなイベントが行われました。一つは九州知事會などが主催する「中國観光プロモーション」、もう一つは、在上海日本総領事館やジェトロ上海事務所などが主催して行われた「日本観光?食品展」です。今回は日本観光?食品の復活を目指して行われたこれらのイベントについてレポートします。



      ?中國観光プロモーション?

      東日本大震災以降、訪日外國人は激減しており、日本政府観光局の調べでは4月は約30萬人と、前年同月に比べて60%以上減少しています。中國からの來訪客數も約7萬6千人で前の年に比べ大幅に減少しています。また、予定していた大型クルーズ船の寄港がなくなるとともに、航空便を利用した観光ツアーも回復しないなど観光分野に大きな影響が出ています。大分県では、キャンセルされたロイヤルカリビアン社の大型クルーズ船の寄港が8月にチャータークルーズという形で4回別府に寄港することが急遽決まりましたが、大地震以降に大分県を訪れた中國人観光客は數団體という狀況です。

      こうしたことから、中國における風評被害や不安を払しょくするため、九州地方知事會や九州観光推進機構などが協力して、現地メディア?旅行會社へのプレゼンテーションや、上海市政府への表敬訪問を通じて、震災前と変わらない安心安全で元気な九州をアピールしました。


      (メディア?プレゼンテーション)

      今回、上海を訪問した九州知事會等のメンバーは、福岡県の小川洋知事を団長に各県副知事(宮崎県の観光局長)で構成されるハイレベル?ミッションとなりました。九州知事會がまとまって海外で活動するのは5月の韓國での観光プロモーションに続き中國が2回目です。プレゼンテーション會場となった上海環球金融中心(上海ヒルズ)29階の會場には、中國や日本のメディア、旅行社など100名以上が詰めかけ、會場はあふれんばかりとなり日本観光への関心の高さを実感しました。

      小川知事は、まず震災支援への感謝を述べた上で、「九州は福島原発から1000キロ以上離れており、震災後も放射能の高まりなどは一切検出されていない」と安全を強調。上海との地理的な近さや友好関係に觸れ「震災前を上回る観光客をお迎えしたい」と中國人の九州訪問に期待を表しました。このあと、各県の副知事らがそれぞれの観光をPR。大分県の二日市具正副知事は、日本一の溫泉の魅力を披露、「大分県の溫泉は美容、若返りにも効果がある」として注目を集めました。來賓として上海市旅遊局の道書明局長も出席し、「風評被害を払拭し、日本への旅行商品取り扱いを旅行會社に働きかける」との支援を表明するなど、上海市側の協力的な姿勢も引き出すことができ、効果的なプレゼンテーションとなりました。

      プレゼン終了後は、隣接するスペースで九州各県の物産品や観光資源を紹介する特設ブースを設け交流會を行いました。大分県ブースではお菓子の「ざびえる」、「iichiko Bar」などの試飲試食によりたくさんの人だかりができるほど評判がよかったです。


      メディア?プレゼンテーション 溫泉の魅力を語る二日市副知事

      (上海市長への訪問)  

      一般的に日本の都道府県知事が上海を訪問しても、姉妹都市の大阪府、大阪市、橫浜市の首長以外では上海市長に會うことは困難で、副市長に會うのが精一杯の狀況です。今回は、福岡県知事に加え九州の各県副知事らが來訪したことから韓正市長への表敬訪問が実現しました。九州が一體となれば大きな力が発揮できることがこうした事象からもわかります。韓正市長は、3月11日発生した大地震に心を痛め、また強い関心をもっていると前置きして、地震発生後に上海市民は原発の影響について不安を感じているが、その不安は理解できる、原発処理においてまだ問題があるのでその點を解決する必要があろうと述べる一方で、九州側と中國側の努力の下で、中國人観光客が激減している狀況を緩和することが重要で、自分(韓正)として友好的な措置を講じて観光客が以前の狀態に戻るよう努力したいと述べられました。

      韓正市長には、李銘俊 上海市外事弁公室主任、道書明 上海市旅遊局長らも同席しており、上海市が九州知事會の訪問を重く見ていることがうかがえました。今回、上海市長に會えた意義はとても大きく、今後、九州がまとまって上海で事業展開していく上で大きな推進力となることが期待されます。


      上海市長表敬訪問 余裕綽々な韓正市長

      ?日本観光?食品展?  

      6月28日、在上海日本総領事館、ジェトロ上海事務所などが主催する「日本観光食品展」がオークラガーデンホテル(花園飯店)で開催されました。日本の豊かな観光資源とともに、安全でおいしい日本食品を中國人に再認識してもらうのが狙いです。オープニングに先立ち記者會見した上海総領事館の泉裕泰総領事は、同館で発給された中國人の訪日観光ビザ件數が4月がゼロだったのに対し、5月は151件、6月は27日までに5259件に上るほど急速に回復していることを発表しました。

      このイベントには日本自治體や現地の日本食品會社など約60団體が出展しました。この中には被災地の福島県や宮城県の自治體も參加し、安心安全を訴え観光をPRする姿も見られました。また、愛媛県は大震災後の鮮魚輸出第一弾を記念してクロマグロの解體ショウを実施。來場者にその場で握った鮨が振る舞われ、100人を超す長蛇の列ができるほどの人気でした。愛媛からは週2便の直行便で今後もクロマグロや真ダイなどの高級魚が定期的に直送されるそうです。


      挨拶する泉裕泰総領事 キティちゃんと道書明旅遊局長

      (溫泉日本一大分県をPR)

      大分県は、九州の他の自治體と連攜して同じエリアで出展しました。とにかく溫泉といえば大分県というイメージを持ってもらうため、ポスターやパンフレット、タペストリー、法被、エコバッグなどすべて溫泉づくしでアピールしました。この日、來場した中國人は約2,000名で、大分県や別府市を知っている人は、前回同じ規模のイベントをした時より確実に増えている感じがしました。海山の自然が豊かで、日本一の溫泉があって、食べ物もうまくて癒しの場所であることを訴える一方で、女性に人気の高いiichiko Barの試飲を行い、好印象を持ってもらうようにしました。中には、おいしいからまた飲ませてと言ってくる女性もいるほど大変好評でした。


      溫泉を重點にPR 我們很想去大分!

      ?おわりに?  

      6月に行われた上記のビッグイベントがどれだけ効果があるのかは、今後の訪日観光客の推移や、日本食品輸出再開への動きを見ないと分からない狀況ですが、少なくとも、観光については今後、関西エリア、九州への旅行が少しずつ増えていくことが期待できると思います。このタイミングを失することなく、中國に一番近い日本である九州?大分の魅力をあらゆる機會を通じてPRしていこうと思っています。

      また、溫家寶総理が規制緩和を発表してかなりの時間が経っても何ら前進していない加工品の対中輸出について、現地では人気の大分県産品が欠品する事態が生じています。鮮魚の輸出が可能で、加工品の輸出ができないという異常な狀態を、農林水産省はじめとする関係機関は中國側との交渉をスピードアップして早急に改善するよう切に願っています。


         

      (以上)

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>