1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      語學のススメ

      就職して間もない頃、英語に沒頭していた時期があった。それまで聞いたことがなかったNHKのラジオ「英會話」を毎日欠かさず聞き、週1回英會話教室に通った。映畫館にこっそりラジカセを持ち込んで好きな映畫のセリフを覚えたこともある。當時、英語は私の生活の一部になっていたともいえる。この時期があったお陰で、英語での基本的なコミュニケーションはできるようになった。英語ができれば大體どこの國の人たちとも意思疎通ができるのでとても便利だ。ところが、中國では、英語を使う機會はほとんどといっていいほどない。上海勤務の條件の一つに「中國語又は英語で日常會話が可能」というのがあったが、赴任してすぐに中國では、ホテル以外では英語はほとんど役に立たないことが分かった。上海は日本人が最も多い都市で、しかも職場の中國人スタッフは日本語を話すし、仕事では日本語が堪能な専屬の中國人アシスタントがいるので、ほとんどゼロ狀態の中國語を一から勉強しようという気にはならなかった。ただ、中國に住んでいて中國語が話せないのは悲しいとの思いから、一週間に一回、中國語の先生に職場に來てもらうようにした。44歳の手習いの上、予習、復習をさぼっていたのでなかなか上達はしなかったが、中國で1年、2年と過ごすうちに少しずつ中國語に耳が慣れ、3年目くらいからやっと簡単な會話ができるようになった。仕事レベルの會話は難しいが、日常會話レベルでも中國人と直接コミュニケーションができるようになると、親近感が増し、相手との距離がぐっと近づく。すべて通訳にたよってばかりいては、なかなか相手との距離を縮めることは難しい。特に、人と人との繋がりがモノを言う中國では、中國語によるコミュニケーションは大きな力を発揮する。中國ビジネスを考えている方は、日常レベルの中國語の習得に力を注いでいただきたい。


      中國語で大分の牛乳をPR
      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>