1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      発展する中國地方都市

      新年明けましておめでとうございます。今年も中國(上海)からビジネスに役立つ生の情報を発信していきますのでよろしくお願いいたします。

      さて、中國では、これまで上海、北京、広州など沿岸部の大都市が経済を牽引してきましが、今後は武漢、重慶、成都などの中部、內陸部の都市が成長エンジンとなる時代に入ってきました。また、いわゆる第2級、3級の都市においても急ピッチで都市化が進んでいる狀況です。最近、出張で江蘇省淮安市と湖北省武漢市を訪問してきましたので、今回はその様子をレポートします。


      ?江蘇省淮安市?

      江蘇省淮安市政府の招きで江蘇省の南北の境にある同市を訪問しました。上海から南京まで高速鉄路で1時間15分、南京から北に向かい車で約2時間で淮安に到著。隋の時代に整備された北京と杭州を結ぶ大運河が通っており、古くから交通の要衝として栄えました?;窗彩型馐聵騽折凸窑谓~副主任によると、淮安は古くから「南船北馬」と言われ、北から來る人は馬に乗って來て、淮安で船に乗り換え南へ行き、南から來る人は船で來て、淮安で馬に乗り換え北に行っていたそうです。また、中國人に最も人気があるリーダーの一人、周恩來元首相の故郷として、また、西遊記の作者呉承恩の出身地としても知られています。

      人口は約530萬人で、産業構造は第一産業15.2%、第二次産業48.3%、第三次産業36.5%。GDPの伸びは年間平均15%で推移しています。臺灣の企業が多く、外資は韓國、ドイツ、フランス、イタリアなどで、有名企業ではハンコック、富士康が進出。日系企業も數社あり、うち1社はホテル用のスリッパを生産し、業績を上げているということです。上海や蘇州に比べ賃金コストが低く、普通技術工人、経営マネジャーなどで上海の半分のコストで雇えるのは魅力です。


      市內の様子 マンションの建設ラッシュ

      また、街の隨所でマンションや商業施設の建設が進んでいるのには驚きました。案內してくれた市の公務員の方は、自宅の他にマンションを2つ持っていて、ローンを月に5,000元(約6萬円)を返済しているとのことでした。こうしたマンション購入は実需もさることながら、投資目的が多く、現在建築中のマンションもほとんど売約済みだそうです。

      市內中心部にある中央新亜百貨(本社南京市)の地下スーパーマーケットを視察したところ、輸入商品コーナーには歐州産のチョコレート、臺灣やマレーシア産の日本風お菓子などが並んでいました。數少ない日本産商品の中で、iichikoシルエット(126元)、iichikoスーパー(178元)、JAフーズおおいたのウーロン茶大紅袍(23元)が販売されていたのは驚きでした。同百貨店の金強営業部長によれば、歐州産のチョコレートなどは70元~100元程度でも贈り物としてよく売れているということです。日本産品のフェアをやりたいので場所代はいらないから、是非、開催してもらいたいとのラブ?コールもありました。近くにある韓國資本のロッテマートや中國資本の金鷹百貨にも行きましたが、輸入食品はごくわずかでした。都市化が急ピッチで進み高級百貨店がいくつも進出している割には日本食品が本格的に入っていないので今後、フェアなどの開催により市場の可能性を探ってみることも大切だと感じました。


      中央新亜百貨 歐州産高級チョコを販売
      マレーシア産の日本風お菓子 金鷹百貨では輸入食品をワゴンで販売

      ?湖北省武漢市?  

      昨年12月半ばには大分市の経済ミッションで武漢市を訪問しました。武漢市の人口は約930萬人。湖北省まで広げると約6,000萬人の人口が控えています。湖北省の経済成長率は10年前から中國全體の成長率を上回っており、過去6年は二桁成長しているので、省都の武漢市はそれ以上に成長していることになります。北京から広州、上海から成都の南北東西の高速鉄道が交わる交通の結節點であり、中央政府の中部、內陸への重點投資とも相俟って今後、武漢は目覚ましい発展が予想されます。武漢の市場としての重要性を見越して既に伊藤忠商事や東芝などの日本企業が販売拠點を築いています。流通市場については、香港の新世界百貨などのデパート、臺灣の大潤発、米ウォルマート、仏カルフールとなど既に大型スーパーも進出しており、地元資本では武漢武商集団と武漢中百集団の2強がスーパーやショッピングモールを展開しています。武漢でも輸入商品の大半は臺灣、歐州各國、韓國商品で日本商品はごくわずかといった感じでした。臺灣系のスーパー「大潤発」の輸入食品コーナーにあった日本商品はほんの數種類でしたが、なんとここでもJAフーズおおいたの「粒ぶどう」と「おおいたっ茶」がありました。これらの商品は上海逍龍信息貿易有限公司を通じて中國各地で販売されているのです。


      「大潤発」の輸入食品売り場 JAフーズの粒ぶどう&おおいたっ茶

      ?武漢九州乳業?  

      武漢九州乳業有限公司は、武漢市內から車で1時間ほどの郊外にある武湖農場生態農業園の中にあります。2008年11月に九州乳業との合弁會社として設立。昨年12月1日に武漢市場に商品を初出荷しました。近くにある自社牧場ではオーストラリアやカナダから輸入したホルスタインが約2000頭いて、毎日、限定された量の牛乳を搾乳しています。工場を見學しましたが、九州乳業の工場とそっくりで、見學コースも設けてあり、地元の小學生たちを呼んで乳製品の教育をしているそうです。


      中央が何晨社長 充てん室

      製造している商品は、主に牛乳、ヨーグルト、プリン各種です。武漢市內のほとんどのスーパーに売り出しています。牧場と牛乳加工場、その他付屬のレストランなどの整備で第1期計畫が終了した段階です。牛乳ビジネスが軌道に乗れば、隣接地に生態農園などのレジャー開発をメインとする第2期計畫もあるようです。


      現在生産している商品 立派なレストランも併設

      武漢市を代表する地元スーパーの武商スーパーと中百スーパーに行ってみたところ、乳製品コーナーには武漢九州乳業の商品がまとまって置かれていて、専用のマネキンお嬢さんがそれぞれの店舗に1人ずつ配置されていました。特に人気が高いのが3個9.9元で販売しているコーヒープリンとバニラプリンだそうです。牛乳は980mlで15元~一番高いのは28.8元で売られていました。試飲してみましたが、味が良く今後が期待できます。


      武商スーパーに並んだ武漢九乳商品
      ?最後に?

      今、中國各地では猛烈な勢いで都市化が進んでいます。おそらくそうした街は數百といった數に上っているでしょう。日本企業も含め既に外資系大企業が進出している上海、北京など沿岸部の都市に比べて、日本の商品や技術がまだ入っていない地域も多く、まさに先行者利益を確保できる可能性が高いと思います。競走の激しい都市を避けて、第2級、3級都市で勝負する戦略も発展を続ける中國では十分あり得るのです。


                

      (以上)

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>