1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      萬博後の上海経済について
       

      半年間にわたり數々の話題を振りまいた上海萬博が10月31日に終了しました。來場者は當初目標の7,000萬人を超え、7,300萬人となり、大きな事故もなかったことから中國では大成功とされています??崭郅螔垙?、地下鉄の延伸、バイパス道路の整備など上海萬博の開催により、上海市の交通インフラは世界の主要都市並みに整いました。また、大勢のボランティアによって市民のマナー意識も向上したように見受けます。萬博終了後に上海経済や市民生活がどうなって行くのかは関心の高いところです。


      賑わう南京路の歩行者天國 空港と間違えそうな上海虹橋駅

      ?サービス経済化?  

      2008年秋に起きたリーマンショックによる世界経済不況で、常に中國経済を上回る勢いで成長してきた上海経済にブレーキがかかりました。それまで上海経済を牽引していた輸出が急激に落ち込み、投資は低迷し、2009年第1四半期(1月~3月)の成長率はなんと3.1%まで落ち込みました。しかし上海経済はここで底を打ち再び上向きに転じます。輸出の落ち込みをカバーして牽引役となったのは固定資産投資と消費です。虹橋空港の第2ターミナル?滑走路の建設や、バイパス道路など萬博関連のインフラ投資に加え、外國からの直接投資が増加しました。2009年上半期の外國直接投資額は51.6億ドルで、その約70%がサービス業関係への投資になっています。また、消費は堅調を維持して2009年上半期には前年比約14%の伸びで、サービス経済化の進展が明確になったと言えます。


      上海主要経済指標の変動(2007~2010上半期)
      (2010上海統計年鑑等)

      ?內需主導の強まり?  

      もともと上海市の産業構造は2000年頃から第二次産業と第三次産業が拮抗して伸びを見せていましたが、2009年には第二次産業が落ち込み39.9%になったのに対し、第三次産業は59.3%を占めるようになりました。完全にサービス産業が上海経済の主役の座についたといえます。また、ここ數年、社會消費品小売総額(消費)は2009年に14%増、2010年上半期は17.5%増とひときわ高い伸びを示していることが分かります。これは、経済成長による所得の伸びに加え、政府が省エネ車の購入に対する稅の軽減などの消費刺激策を講じたことも要因として考えられます。輸出については2010上半期に33.5%と一見伸びていますが、これは前年の數値が経済不況の影響でマイナスになっていることから、もとに戻ったに過ぎません。労働コストの更なる上昇が今後予想される上海において、上海経済を牽引するエンジンは輸出頼みの外需主導から消費を中心とした內需主導に移ろうとしているのです。


      好評だった伊勢丹での九州?沖縄フェア

      3次産業構成比の推移(%)
        2007年 2008年 2009年
      1次 0.8 0.8 0.8
      2次 47.3 45.5 39.9
      3次 51.9 53.7 59.3
      (2010上海統計年鑑)

      主要経済指標の推移(増減率%)
        2009年 2010年IQ 2010年上半
      G? D? P 8.2 15 13
      全社會固定資産投資 9.2 18.3 2.2
      外國直接投資実績 4.5 5.2 4.1
      社會商品小売総額 14 24.6 17.5
      輸??????????? 出 ▲16.2 26.2 33.5
      (2010上海統計年鑑等)

      ?萬博の効果?  

      上海萬博開催も上海経済を押し上げる効果がありました。2010年上海市の上半期経済成長率は全國11.1%を上回る13%となったのです。萬博投資が終了して、不動産投資抑制策が取られたことから投資は2.2%の微増となりましたが、消費は小売総額415億元増で昨年同期の伸び率+3.7%となり、上乗せ効果がありました。ただ、萬博の効果については、単に経済的な効果よりも、ファッション、環境、技術、マナーなど「都市」が持つ大きな魅力に多くの中國人が觸れ、感動したことが重要で、今後の上海、中國の経済発展に大きな影響を及ぼすことになると思います。


      日本館は最後まで大人気が続いた

      ?上海経済の今後?  

      上海市政府は萬博後も経済成長を持続させるため、ポスト萬博の新発展戦略として、サービス経済化と高付加価値化の2つを打ち出しています。このうちサービス経済化に関しては、具體的には國際経済、國際金融、國際水運、そして國際貿易の4つのセンターを目指すとしています。また、高付加価値化に関しては、新エネルギー、バイオテクノロジー(醫薬)、省エネ自動車などハイテク9業種を産業奨勵していく方針です。

      ただ、上海経済の成長率がこれまでのような全國レベルを上回るペースで推移することは難しいと思います。リーマンショック直後に上海経済が急激に落ち込んだことは先に觸れましたが、この影響の出た2009年上半期に10%以上の高い成長率をたたき出していたのは湖北省、四川省、重慶市などの中部?內陸都市です。世界経済が足踏みしている中で、今後はこれらの中部?內陸が中國の成長を牽引していくことになります。

      先般、北京で開催された次期5カ年計畫の方針を決定する共産黨の重要會議(5中総會)では、「経済発展モデルの転換」、「內需を拡大しバランスのとれた成長を実現する」「資源節約型社會の構築」などに努める方針が決定しました。中國は今まさに「量」社會から「質」社會への転換を目指しており、それを「都市化」によって達成しようとしているのです。

      その「都市化」のモデルケースとして金融、物流等の高度な経済機能を集中させ、消費スタイルでもリードしていくのが上海なのです。


      ?先進國病への対応?  

      「都市化」によるプラスの面は大きいですが、「都市化」はマイナス面も生み出します。上海は他の地域に先んじて住宅問題、高齢化問題、環境問題などの先進國型の課題に直面しています。上海のマンションの価格が高いことは有名ですが、現在、內環狀線內の新築マンションは7萬元/㎡~8萬元/㎡です。仮に100㎡として700萬元(8,400萬円)となり、ごく一部の富裕層しか買えない狀況です。


      立ち並ぶ高級マンション

      また、上海市の高齢化率(中國では60歳以上が高齢者)は22.9%と中國で最も高齢化が進んでいます。こうした狀況に対して上海市政府は10月に入って不動産投資抑制策を強化し、1世帯が新たに購入できる上海市の住宅は1軒のみとする措置を実施しました。高齢化問題に対しては、全國に先駆けて技術職を対象に退職年齢を男性65歳、女性60歳に引き上げました。上海市政府は表向きの理由をスキルの有効活用としていますが、年金支払いの引き延ばしと見る向きもあります。

      都市化によって発生するこうした難しい諸課題にどう対応していくかが今後の上海市の発展を大きく左右するものと思います。


                

      (以上)

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>