1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      富裕層から中間層へ
       

      5月に開幕した上海萬博は7月中旬までで2,700萬人以上が入場した。夏休みに入ったこともあり、連日40萬人以上の人が萬博會場を訪れている。これは大分市全市民が毎日押し寄せているのと同じことになる。當然、各パビリオンは長蛇の列ができて人気館は4時間、5時間待ちだ。芋の子を洗うような、日本人ならうんざりするような中でも、中國人は屈託がなく、エネルギッシュでたくましい感じがする。上海萬博を訪れるほとんどの人は高い経済成長により所得を伸ばして生活に余裕ができた中間層だ。彼らはより豊かな生活を求めて旺盛な消費行動をとることから、上海で最新モデルの都市生活を體感し、これにより中國各地で消費意欲が點火する期待がかかっている。

      これまで大分県を含め多くの地方自治體が上海や北京、広州など大都市の富裕層をターゲットに市場開拓を行ってきた。結果、各地方産品の輸出は細々とは続いているが、ほとんどの企業がまとまった経済単位の儲けになっていないのが現狀である?,F行の中國の輸入規制、関稅?増値稅、為替レートの下では、多くの地方産品は一部の富裕層にしか受け入れられず、輸出拡大は至難の業となっている。これから中國で戦うには輸出による危険の少ない艦砲射撃ではなく、リスクはあっても中國に進出し、無盡蔵に広がっていく中間層をターゲットにする方が良いのではなかろうか。中津出身の黒川重幸さんは中津唐揚げの會社を上海で立ち上げ萬博に出店しており、お店は連日多くの中國人でにぎわっている。今後の展開が楽しみだ。



      「豊唐鶏」黒川重幸さんと
                

                                        

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>