1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      史上最大の萬博
       

      いよいよ來月から半年間にわたる上海萬博が開幕する。過去最多となる242の國と國際機関が出展し、來場者7,000萬人という史上最大の萬博となる。中國では2008年の北京オリンピック、2009年の建國60周年に続く一大國家イベントだ。先般、出張者に大分県での上海萬博の話題について尋ねたところ、ほとんどの大分県民はあまり関心がなく上海で萬博のあることすら知らない人も多い、との話に驚いた。2008年から上海で生活している小職は、道路わきの看板やマスコットの海寶(ハイバオ)、バス広告などで気がつけば毎日、上海萬博を刷り込まれている狀態である。だが、考えてみれば萬博というものは世界の國々が參加する國際イベントであるが、參観者のほとんどは自國民となっている。大阪萬博や愛知萬博は覚えていても外國で開催された萬博を知らない人は多いだろう。上海萬博でも來場者7,000萬人のうち95%は中國人である。

       

      しかし、大分の県民や企業人にとって今回の上海萬博は、単に外國で開催される萬博として見過ごすには非常にもったいないイベントだ。第一に、萬博が東京に行くのと同じくらい近いところで開催されること。第二に、今や世界経済の牽引役となった中國が、「より良い都市、より良い生活」をテーマに、あるべき都市を追求したイベントで、將來の中國の姿を垣間見るチャンスであること、第三に、中國各地から所得を増加させた7,000萬人近い中國人が上海に押し寄せることから、絶好のPRの機會になる點である。特に企業の方々にはこのビジネスチャンスを生かしていただきたい。



      仕上げの工事が進む萬博會場 日本館 紫蠶島(かいこじま)
                

                                        

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>