1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      上海駐在生活について

       新年明けましておめでとうございます。早いもので上海に赴任してもうすぐ2年になろうとしています。最近つくづく思うのは上海に來て以來、時間が経つのがとても速いということです。環境や習慣、言葉が違う外國に住んでいて、しかも日本に比べ経済成長のスピードが速い社會で生活をしていることや、これまでの仕事と違い上海では商工、観光、農林水産、國際交流、県人會など仕事の間口が広く、デスクワークより外に出る仕事が多くなったからかもしれません。上海に來て使った名刺は2000枚を超えました。上海での仕事や生活を通じて中國や日本の各界各層の人たちと接することができ、ネットワークが広がることを大変ありがたく感じています。今回は新年號ということで趣向を変え上海での家族生活についてレポートします。


      ?赤ちゃん?子供?

       2008年4月に家族6人で上海に赴任しましたが、2010年の新年を我が家は7人で迎えることになりました。上海に來てできた子供なので名前は「?!工趣いψ证蛉毪臁负3伞工趣筏蓼筏?。日本でも子供が5人いる家族が少ないですが、一人っ子政策の中國ではなおさらです。5人の子供を連れて上海の街を歩いていると痛いほど周りの視線を感じます。食事に入ったレストランでは廚房の料理人まで見に出てきたこともありました。どこの國でも赤ちゃんは「寶」と考えられており、日本でも「子寶に恵まれる」という表現がありますが、中國語では赤ちゃんのことをズバリ「小寶寶」(シャオ?バオ?バオ)と言うのです。赤ちゃんを抱っこしていれば、話しかけてきたり、あやしたり、ほっぺを觸ったりして日本人以上に他人の赤ちゃんに対して積極的に接してくるのには驚きました。地下鉄やバスの中で押し合いへしあいする中國人ですが、赤ちゃんや子供がいればすぐに席を譲ってくれます。子供が風邪をひかないように、中國の子供を見ていると親がかなり厚著をさせています。我が家の子供は暑がりで、いつも薄著ですが、女房が子供を連れて歩いているとよく中國人のお年寄りから、服を著せるように注意されるそうです。面白いのは、ズボンを穿いたままトイレに行けるようお尻のところが10cmほど空いたズボンを穿いている幼児が多いことです。もちろんこうしたズボンは街で平気に売られているのです。どこでもすぐにトイレができて機能性は良いと思いますが、環境に良くないのとお尻が冷えてあまり感心はしません。家族連れで買い物に行くときに困るのがトイレです。概して汚れているトイレが多く、トイレのほとんどが洋式ではなく日本で言う和式トイレで、水洗の水圧が低いことやパイプが詰まりやすいことから、使用後の紙をゴミ箱の中に入れるようになっています。赤ちゃんのオムツ変えシートもありません。上海萬博で道路や地下鉄の整備が進んでいますが、國際都市上海として衛生的なトイレの設置、トイレマナーの普及にも取り組んでもらいたいと思います。



      7人になった家族 地下鉄內の中國人小寶寶
      ?學 校?

       上海中心部は黃浦江という川で東西に分かれており、黃浦江の西側地區を浦西と呼び、東側地區を浦東と呼んでいます。今年の5月から10月まで半年間開催される上海萬博は、この黃浦江両岸で開催されます。もともと浦西に官公庁や主要な企業が立地し、上海の経済を引っ張ってきましたが、20年ほど前から浦東の開発が始まり、今では、上海ヒルズや金茂ビルなど世界有數の近代的なビルが立ち並ぶ一大金融貿易センターになっています。上海には浦西と浦東に日本人學校があります。浦西の日本人學校は虹橋校、浦東の日本人學校は浦東校と呼ばれています。因みに私の長男は虹橋校の6年生で、長女は4年生です。虹橋校は1975年の開校時には生徒7名でしたが、現在の生徒數は1339名(小學部のみ)となっていて、生徒數の激増を見ても日系企業の中國進出がこの間にいかに進んだかがわかります。浦東校は虹橋校の急激な生徒増加に対応するため2004年に小學部と中學部併設で開校しました?,F在の生徒數は小學部が563名、中學部が524名となっています。虹橋校と浦東校を合わせると上海日本人學校は世界最大の日本人學校となっています。(2位はバンコク日本人學校)
       日本だと公立の小中學校は入學金や授業料は要りませんが、上海日本人學校は日本國からの補助金と日系企業等からの寄付金で建設?運営されていることから入學金1人2,250元(約31,000円)、授業料1,650元(約23,000円)/月、施設金17,750元(約240,000円)/1家庭、の費用がかかります。ただ、ほとんどの場合、企業や自治體等の派遣元から費用と同額の子女教育手當てが支給されることから実質的な負擔はないようになっています。ただ、幼稚園については義務教育でないことから、一部の大企業を除き手當がありません。上海にある日系幼稚園の學費は月額7萬~8萬円と高額なことから2人行かせるのは至難の業です。我が家も二女を幼稚園(年長)に入れていますが、次男(4歳)は自宅待機です。ただ、自宅が幼稚園狀態なので問題ありません!
       日本と違い中國では、生徒は必ず原則保護者が送り迎えしなければなりません。それぞれのマンションでバスを借り上げて、お母さんたちでバス當番を輪番で行っているところが多いです。また、日本のように放課後どこかに集まって遊ぶということがないため、ほとんどの生徒が習い事をしています。學習塾はもちろん、サッカー、野球、水泳、テニス、バレエ、書道などいろいろです。我が家も長男、次男がサッカー、二女にバレエを習わせています。こうした子供の習い事を通じて親同士のネットワークも広がっているようです。
      驚いたのは小學校6年生になると日本に帰って中學受験をする生徒が多いことです。普通に地元の中學校に入るのが當たり前の我が家の長男も、同じサッカー部の友達が受験勉強をしているのを目の當たりにして、「俺はどうすればいいん」と戸惑っていたのが印象的でした。小學校では遊んで、中學校では一生懸命部活をして、高校生になって受験勉強するのが一番いいように思えるのですが、上海では小學生で受験勉強をさせて、エスカレーター式で大學までやりたいと思っている親が意外に多いようです。



      上海日本人學校虹橋校 マンションで遊ぶ子供たち
      ?買い物?

       自宅マンションの中には「ママーズ」というミニスーパーが入っていて、玉子、牛乳、野菜、肉などの生鮮品は主にここで調達しています。雑貨やお菓子などは大型スーパーのカルフールや世紀聯華で購入し、醤油、味噌、だし類は大分から持ってきています?,F在、日本から中國に輸入できる生鮮品は、りんご、なし、魚しかありません。ときどき日本産のコメが輸入されていますが、2kgで198元(約2,700円)とかなり高いので買ったことがありません。我が家で買っているお米は日本の商社が合弁で中國の東北地方で作っているコメで5kgで45元(約650円)、味もいいです。コメのほか肉、野菜、果物など、ほとんど口に入るものは中國産のものばかりです。大分にいるときはできるだけ中國産のものは避けていましたが、中國では中國産のものを食べずに生活していくことはできませんし、その必要もないようです。一昨年の粉ミルク事件を契機に食品の安全性向上を國の重要課題として、各種食品検査を徹底して行っています。また、消費者の安全意識の高まりを見據えて、有機農業やGAP(良好農業規範)など質の高い農業への転換が進んでいるのです。旺盛な消費需要を狙って日本の企業も中國に進出して日本の技術で安心安全な食品をつくる動きが加速しています。日本の駐在員の食品に対する意識や消費性向を示すものとしてわかりやすい例がどんな牛乳を買うかでわかります?,F在、上海で売られている牛乳は、①「蒙?!?、「光明」などの中國製高品質牛乳(価格は15元~16元)②アサヒビールが山東省で日本の技術?管理でつくっている「唯品」(22元~23元)、③「北海道牛乳」、「大阿蘇」、「くじゅう牛乳」の牛乳(30元~38元)などの日本や外國からの輸入LL牛乳の3つのカテゴリーに分けられます。この中で日本人の駐在員家族が一番買っているのがアサヒブランドの「唯品」です。上海在住の日本人がよく利用する食品スーパー「しんせん館」の関係者によれば、1ケ月で「大阿蘇」が約600本売れているのに対し、「唯品」は約20,000本も売れているそうです。日本産の牛乳は安心?安全だけど高すぎるし、純中國産は安けど心配なので、日本の技術?管理でつくられた少し高い中國産牛乳に落ち著いているのだと思います。



      「ママーズ」の野菜売り場 「しんせん館」の牛乳売り場
      ?外 食?

       國際都市上海には中華料理をはじめ、フレンチ、イタリアン、タイ料理、日本料理、韓國料理など數えきれないほどのレストランがあります。おそらく3年間上海で生活したとしても、ほんの一部のレストランしか行けないと思います。日本食レストランは700店舗以上があるといわれています?!袱胜廊f」、「山里」などの高級レストランから「カレーハウスCOCO一番屋」、「吉野家」などのカジュアルレストラン、中國人経営の日式の料理店と様々です。長崎県から空輸で新鮮な鮮魚が入ってくるようになり、おいしい鮨や魚料理を出す高級日本料理店も増えています。平日のお晝に職場の近くの普通の日本料理店に行きますが、ランチが35元~40元と日本の値段とあまり変わりません。週末は子供が好きなマクドナルドによく行っています。ハッピーセットが12元、ハンバーガーセットが20元~22元と日本の半分くらいの値段なので助かっています。ときどき焼き肉店や點心のお店にも行きますが、500元~600元ほどかかるのでそうそう行けません。昨年から、レストランやファーストフードのお店にお店の衛生狀態を示すマークが掲示されるようになりました。上海萬博における食の安全を確保するために、小規模レストラン、ファーストフード店についても、食品安全や衛生に関する検査を行い、顔マークをつけて市民に公表するようになったのです。顔マークにはお店の衛生狀態によって「良好、普通、劣る」の3種類があり、それぞれ「笑顔?普通顔?泣顔」で示されています。マックやケンタッキー、ハーゲンダッツなどは「笑顔」、地元人が行くような中華料理お店は「普通顔」マークが多いようです。



      點心のお店で 笑顔マークの掲示板

      ?旅 行?

       中國には春節と國慶節の2回の長期休みがあり、多くの駐在員は日本へ帰國したり、中國國內や東南アジアへ旅行に行ったりしています。我が家は人數が多くなり飛行機代がかかる上にホテルの一部屋に泊まるのもままならないので長期休みは自宅でゆっくりしていることが多いですが、來月の春節休みには久々家族と一緒に大分に帰ろうと思っています。

      ?最後に?

      2010年5月から10月まで開催する上海萬博では7,000萬人の來場者が見込まれ、上海はこれまで以上に活気づき、中國全體も巡航速度で経済成長を続けると思われます。発展する中國(上海)の最新情報を今年も発信していきますのでよろしくお願いします。

                        

           
            

                                       ?。耍?/p>

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>