1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 県人會
      中國雑感

       上海に赴任して1年3ケ月が過ぎた。この大都會に來てから時間が過ぎるがとても速く感じる。犬は人間の7倍の速さで成長することから、時代の移り変わりの早さは「ドッグイヤー」に例えられる。2,000萬人を超える人口と、10%近い高度経済が続く活気のある街の中で仕事や生活をしていると、まさに「ドッグイヤー」の世界に身を置いているような感覚になる。日本の高度成長期、東京オリンピックから大阪萬博の頃の日本のサラリーマンも同じような體験したのだろうか。東京オリンピックの年に生まれた私が北京オリンピックと上海萬博の時期に中國で働き「ドッグイヤー」を體験できたことは何かの縁かもしれない。それにしても中國はこの30年でとてつもない國になってしまった。おそらく1975年にフランスのランブイエで開催された第1回サミットでは話題に上ることもなかったであろう中國が、先般のラクイラサミットでは、中國抜きでは何も物事が進まないような重要な國になっている。GDPでも中國は早ければ今年、日本を抜いて世界第2位となり、2050年には米國を抜いて世界第1位になるといわれている。チベット、新疆などの人権問題、都市と農村の格差問題、水?環境問題など、この國が解決していかなければならない問題はたくさんあるが、好むと好まざるにかかわらず我々や子供の將來は中國とうまく付き合って繁栄していかなければならない時代になるであろう。そのためにも中國在任中に大分県と中國の絆をさらに深めていかなければならないと思うこのごろである。


      上海市南京東路

       

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>