1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 県人會
      世界で最も加熱する自動車市場

        4月下旬に上海モーターショー(第13回)が開催されたので會場に足を運んだ。まず驚いたのは展示會場の広さと來場者の多さだ。開幕して3日目の平日に行ったにもかかわらず、芋の子を洗うような人込みに圧倒された。展示會場は17萬平米(東京ドームの約3.5倍)で前回より20%拡大、出展者數は1,500社で、前回より200社多い。今秋の東京モーターショーでは、展示面積は2萬3千平米と前回の半分に縮小し、出展者數は120社くらいに半減することに比較しても中國市場の規模とその勢いが見て取れる。會場では電気自動車やハイブリッドなど次世代自動車の展示や、これまで合弁で外資企業のブランドをつくってきた中國系メーカーによる自主ブランド車の展示が目を引いた。また、所得が伸びてきた農村需要を當て込んで軽トラックや軽乗用車が展示されているのに驚いた。中國政府は今年1月から排ガス量1.6?以下の自動車購入稅を半減にし、3月からは「汽車下郷(自動車を農村に)」制度の一環として、農村で小型車や軽トラックを購入する際に購入額の10%を補助している。市場そのものの成長力とこうした政策の後押しもあって、中國の今年第1四半期の自動車販売臺數は前年同期比4%増の267萬臺で米國を抜いて世界1位となった。歐米や日本が3割近くダウンする中、絶好調だった昨年同期よりもさらに延びているのは驚異的である。2009年の中國での自動車販売臺數は初めて1,000萬臺を超えると予想されている。世界の自動車メーカーの主戦場は米國から中國に移り、上海モーターショーの開幕により戦いの火蓋が切られた。



      來場者で混雑する會場 ホンダの展示エリア

       

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>