1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      中國お酒事情
      ~拡大するビール、ワイン市場~

        「丸紅とアサヒビールが中國ワイン市場へ參入」。経済危機の影響や少子高齢化により市場が縮小している日本から、人口が13億で経済成長が続く巨大市場を狙って中國に進出する企業が増えています。もともと中國にはなかったビール、ワインの市場は、今や世界各國のメーカーが群雄割拠する激戦市場になっています。また、ビールやワインに比べるとまだまだ小さい焼酎市場ですが、こちらでもワインと同様に文化の壁を越えようとする動きがあります。今回はこうした中國のお酒市場を巡る動きについてレポートします。



      ?世界最大のビール市場?

        中國の伝統的なお酒といえば、茅臺酒や五糧液、汾酒といったコウリャンやトウモロコシなどでつくるアルコール度數の強い白酒(Baijiu)と、紹興酒や老酒など、もち米を原料に醸造してつくられる黃酒(Huangjiu)が有名です。一般的には北京や四川省など華北地方や內陸部の人は白酒を好み、上海、浙江省など華東地方の人は黃酒を好むといわれています。中國の長い歴史の中で、ビールの歴史はそう古くはありません。中國で最初につくられたビールは青島ビールと思っている方が多いと思いますが、実は中國初の國産ビールは1900年にロシア資本によってつくられたハルピンビールです。青島ビールは、ハルピンビールに遅れること3年の1903年にドイツとイギリスの合弁會社によって製造されるようになりました。本格的にビールが生産されるようになったのは、中國建國の1949年以降です。上海を含む舊租界地のビール醸造技術が全國に広がり、各地に數々のビールメーカーが誕生しました。


      世紀聯華スーパーのビールコーナー キリンのキャンペーンガール

       かつては富裕層しか飲めなかったビールも改革開放以降、家庭でも日常的にビールが飲まれるようになりました。1990年代に入り高度成長とともにビール消費量はぐんぐん上昇し、ついに2003年にはアメリカを抜いて中國のビール消費量は世界1位になりました。その後も順調に中國ビール市場は拡大を続け、2007年まで5年連続して1位をキープしています。ビールの価格が信じられないくらいに安いことに加えて、地球溫暖化で熱い時期が長くなったこともあり、ビールの消費量は年々伸び続けています。一人當たりの年間消費量でみると、年間約28リットルで、まだまだ日本の6割程度の消費量しかないので、今後さらなるビール市場の拡大が見込まれます?,F在では、生産量中國No1の青島ビールのほか、大手グループとして北京の燕京ビール、広州の珠江ビール、香港資本の雪花ビールなどの中國系が展開し、外國勢では、バドワーザー、ハイネケン、カールスバーグ、サントリー、アサヒビール、キリンビールが市場參入しています?!钢袊怠?、「日系」「その他外資系」メーカーが入り亂れ、ビール市場では熾烈なシェア爭いが繰り広げられています。サントリーは上海エリアに特化したローカルブランド戦略により上海ではトップシェアを獲得しています。アサヒビールは、青島ビールなど有力中國メーカーに資本參加して、グローバルブランド戦略により中國全土を攻めるなど市場獲得の戦略は様々です。



      青島 600ml 3.9元
      ハルピン 600ml 3.9元
      バドワイザー 600ml 6.5元
      ハイネケン 600ml 10.5元
      麒麟一番搾 640ml 5.8元
      サントリ 清爽 610ml 2.8元
      タイガー 640ml 6.7元
      朝日 超純 630ml 3.9元
      ビール消費量の推移 世紀聯華スーパーでのビール価格
      ?急成長するワイン市場?

      ビールと同じく中國ではワインの市場も急速に拡大しています。中華料理店に行くと、焼酎や日本酒はもちろんありませんが、中國産ワインや外國産ワインは普通にメニューに入っています。ジェトロ上海の現地スタッフによると結婚式でもワインをよく飲むそうです。中國人の食生活が西洋化したことや、白酒のようにアルコール度數が高くなくて、ポリフェノールなどの健康面も人気上昇の理由だと思います。中國のワイン消費量は直近の5年間で2倍近い伸びとなっています。一方、白酒などのアルコール度數の高いお酒は消費量が逆に減少しています。日本と同じようにアルコール度數の低いお酒へのシフトが中國でも起こっているのです。


      世紀聯華スーパーのビールコーナー キリンのキャンペーンガール

       國産ワインメーカーは「長城」、「王朝」などをはじめ約500社あるといわれています。全體的に味も香りも薄いという感じで、まだまだ輸入ワインに比べると洗練されていない感じです。中國のワイン市場の2割以上を占めるといわれている輸入ワインは近年急速に伸びており、2005年から2007年で約2.8倍に増加しています。カルフールや世紀聯華などのスーパーに行ってみると、ワインコーナーにかなりのスペースを取っているのがわかります。カルフールでは長さ25メートルの6段棚に輸入ワインを、その半分くらいのスペースに國産ワインを並べるほどの力の入れようです。白ワインよりも赤ワインがメインで、価格をみると國産のワインは40元~100元くらいの比較的安い価格で売られています。一方、輸入ワインは、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、オーストラリア、チリ産などで、価格は100元~300元くらいです。外國人が多く居住する虹梅路にあるフランスワイン専門ショップの除蕾さんによれば、お客は半數以上が外國人ですが、最近はギフトを含めボルドーのワインを求める中國人客が増えているとのことです。ワインは著実に文化の壁を越えて中國に根付きつつあるようです。こうした狀況に日本企業も動きました。大きな需要が見込んで、今年9月、アサヒビールが丸紅、江蘇省のビールメーカーと合弁會社を設立し、輸入原料によるワインの製造を開始しました。安全?安心?高品質なワインを中間層から富裕層向けに販売していくそうです。



      カルフールのワイン売り場 仏ワイン専門ショップの徐蕾さん
      ?焼酎はまだまだ日本人市場が中心?

      上海には5萬人以上の日本人が生活しており、600店以上の日本食レストランがあることから、いろんな種類の焼酎や日本酒を楽しむことができます。日本で日本酒?焼酎の消費が伸び悩む中、成長する中國市場に売り込もうと2004年以降、多くの日本酒?焼酎メーカーが中國に輸出をするようになりました?,F在、中國では300~400の焼酎銘柄があると言われています。大分県では三和酒類、八鹿酒造、老松酒造、久保酒造場などのメーカーが定期的に焼酎を中國市場に輸出しています。ただ、中國で日本のお酒といえばやはり日本酒というイメージを持つ中國人が大半で、焼酎そのものを知らない人がほとんどです。よって今のところ焼酎は日本人市場に限られているのが現狀です。日本から焼酎を輸入している上海の日系商社関係者によれば、今は日本人市場のパイの奪い合いになっており、どうやってパイを中國人に広げて行くかが課題と言います。この商社は各種イベントに參加して焼酎をPRする一方で、メーカーと一緒になって、中國人の若者を集めての試飲會や、日本語學校で焼酎講座を行っているそうです。フランスのワインは20年近い市場開拓を行ってきました。焼酎は本格參入してまだたったの5年あまりです。もともと焼酎を飲む文化のない中國で、どうやって焼酎を広めていくか焼酎メーカーの模索が続きます。

      日本食品店の焼酎コーナー 日本料理店でキープされている焼酎

           
            

                                       ?。ㄒ陨希?/p>

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>