1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート

      中國粉ミルク事件をめぐる動きについて

      ????? 今年9月上旬、中國全土に衝撃的なニュースが流れました。乳幼児用の粉ミルクの中にメラミンが混入され多くの被害者が出たのです。これまで5萬人を超える乳幼児が腎臓結石を患い4人の死亡が確認されています。冷凍ギョーザ事件や冷凍インゲン事件が主に輸出された商品で起きたのに対し、粉ミルク事件は主に中國國內向け商品で起き、しかも牛乳やヨーグルトなど他の乳製品についてもメラミンが検出されたことから、國民生活にとって大きな影響を及ぼしました。今回はこの問題をめぐる動きについてレポートします。

      (粉ミルク事件の経緯)
      ????? 日本でも1950年代に森永ヒ素ミルク事件で、1萬3千人もの乳児がヒ素中毒になり、130 名以上の中毒による死亡者を出したことがありますが、中國では2003年に安徽省で生産された劣悪な品質の粉ミルクが原因で栄養失調などで10人以上の乳児が死亡する事件が起きています。この事件では、粉ミルク製品の生産許可証や品質検査合格書などを取得していない事業者が小麥や麥芽を原料にして有名ブランドのパッケージにつめて粉ミルクを販売していました。
      ????? 今回の粉ミルク事件は、河北省石家荘市にある乳業大手の三鹿集団が販売した粉ミルクの中に有害物質のメラミンが混入されていたことが原因となりました。三鹿集団に納入する原料乳生産者がタンパク質の基準をクリアするためにメラミンを混入したのです。9月8日甘粛省の醫師が同じミルクを使っていた乳幼児14名が腎臓結石になったことを表明。9月11日には被害が湖南省、湖北省、山東省など7省に拡大しました。石家荘市政府は8月2日には三鹿集団からメラミン混入の報告を受けているにもかかわらず、1?月以上にわたって河北省政府に報告しておらず、市政府の隠蔽が被害拡大を招いたと言えます。さらにメラミンの検出は三鹿集団の粉ミルクだけに止まらず、「蒙乳」や「光明」、「伊利」など有名ブランドメーカーの乳児用粉ミルクや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品にも含まれていたことが検査で分かりました。中國衛生省によると、10月15日現在、汚染された粉ミルクを飲んだ乳幼児5,825人がなお入院治療を受け、そのうち6人は癥狀が重いと発表。また、治療を受けて健康を回復した乳幼児は43,603人となっています。


      北京國家體育場(鳥の巣)

      オリンピック開會式の様


      【中國経済の実態】
          中國全體の経済指標で見てみると、2003年からGDPは5年連続で2桁成長を続けており、2005年10.4%、2006年11.6%、2007年11.9%と高い経済成長となっています。08年上半期(1-6月)のGDPは前年同期比で10.4%増で、これは2008年GDPの政府予想の水準となりました。世界的に進むインフレと景気後退と、國內での金融引き締めという向かい風の中で、中國経済はやや減速しながらも2桁の成長を続けているということになります。経済成長は①貿易、②投資、③消費の3つのエンジンで構成されていますが、07年の経済成長率11.4%に対するそれぞれの貢獻度は貿易が4.4%、投資が4.3%、消費が2.7%となっていて、昨年までは輸出と投資が主に中國経済を引っ張っていたのがわかります。2008年上半期に伸び率が鈍化したのは、サブプライムローンに象徴される世界景気の低迷、人民元の上昇、輸出促進稅制(増値稅還付)の調整などにより、貿易が昨年同期比より12.0%減少したことが原因と考えられます。貿易がこれだけ落ち込んでも全體では10%以上成長率を保ったのは、投資と消費のエンジンが頑張ったことにほかなりません。2008年上半期の固定資産投資額は26.3%増となり、小売売上高も21.4%増と高い伸びとなったことから、中國経済は少しずつ內需主導の方向に向かっているといえると思います。ただ、政府が一番神経を尖らせているのがインフレです。物価高は中國人民の家計を直接圧迫するので社會不安(暴動等)につながる可能性があるからです。今年4月の消費者物価指數(CPI)は前年比8.5%で、中でも食品は約20%上昇しています(豚肉は68%上昇)。このため政府は相次ぐ金融引き締め政策を実施し、7月のCPIは6.3%まで減少しました。ただ、原油価格、電力価格の上昇により卸売物価指數(PPI)が7月に10.0%に上昇したことから政府は引き続き金融引き締めを継続する方針です。

       

      一番高いビルが上海環球金融中心 浦東新區金融貿易中心區


      【今後の中國経済予想 専門家の見方】
          7月に上海市內で開催された金融セミナーでは、日本の銀行や証券會社のアナリストが今後の中國経済について次のような興味深い発言をしていました。

      • 金融引き締めにより、上海証券市場総合指數が現在の2,700ポイントからさらに10%は下がる可能性があるが、インフレが一服すれば金融緩和など景気浮揚策が打たれ、証券市場にもお金が戻ってきて株価が再上昇の可能性が高い。中國で株式口座數は約5,000萬件で実際に動いている口座は1,000萬件くらいと言われている。物価で苦しむ人は10億人を超えるので、株価対策よりインフレ対策を優先。
      • サブプライムローンで米國がつまずいても、貿易相手國をEU等に分散している中國への外需は依然として力強いため、中國への輸出が大きく落ち込むことはないだろう。
      • 北京五輪よりも開催期間が長く、投資金額の大きい上海萬博の方が期待できる。
        上海萬博の投資金額は北京五輪の1.5倍、開催期間も五輪が3週間に対し萬博は半年間。
      • 中國人の個人消費は年々15~20%以上の勢いで増加しており、萬博を機に消費大國になる可能性が高いことや、沿岸部のインフラ整備が一段落した後には內陸部のインフラ整備が進められていくことから中國経済がクラッシュする可能性は低い。

            
                      カルフールでレジ待ちする人々(レジは40臺

      【消費市場としての中國をめぐる日本企業の動き】
          こうした中國経済狀況の中、久光百貨店やカルフールでの中國人の買い物風景を見ていると、公務員の私でさえ何か良い商売はないだろうかと考えてしまうほどです。大分県に本社があるジョイフル1號店にはたくさんのお客さんが入っていて、9月には2號店がオープン予定です。7月には香川県の製麺會社が「千客面來」という日本ラーメン店を久光百貨のデパ地下にオープンさせました。このラーメン店関係者は、これだけ中國が経済発展し、市民の所得が上がってきているので、中國で何か手を打っておきたかったと話していました。中國市場への売込みを考えている企業をサポートする企業も最近出てきました。クロネコヤマトのヤマトグループが経営するヤマトマーケティングギャラリー(Y.M.G)では、上海の富裕層や在留邦人をターゲットに食品、酒類、化粧品などの雑貨を展示販売しています。初めて日本から輸出する場合でも、商品の取りまとめから上海での輸入手続、中國語ラベルの作成まで全面的に支援し、1社1アイテムの3ケ月間のテスト販売(日本からの物流費込み)で30萬円となっています。また、Joint B&K社では、中國で売上高No.1の聯華スーパー(全店舗數3913)の20店舗で1ケ月間テスト販売をするものです。売れ筋商品になれば即定番化になるのがメリットで費用は30萬円(日本からの物流費を除く)。食品、雑貨だけではありません。今後の中國発展に必要な環境、省エネ製品も大きな市場が見込まれています。今年11月に上海で行われる中國國際工業博覧會の日本パビリオン110ブースは全て予約で埋っている狀況です。中國市場に挑戦するリスクもあると思いますが、挑戦しないリスクもあると思います?!钢袊袌鰧澆摺工虮練荬摔胜盲瓶激à皮撙皮悉い扦筏绀Δ?。

      久光百貨デパ地下にできた「千客面來」 古北にできた?????????????????
       
      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>