1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      中國で活躍する大分県企業(2)
      ~ ジョイフル 中國外食市場への挑戦 ~
      大分県上海事務所長 山﨑吉明
      ????    中國全體の外食産業の売上高は90年代から毎年2ケタ成長を続け、2006年には前年比16%増の1兆345億元となっています。経済成長に伴う中國人の所得上昇とライフスタイルの変化により、今後も外食産業は急拡大していくことが予想されています。こうした中、5月18日にJoyfullの中國1號店が上海市の徐家匯にオープンしました。今回は、中國を有望な消費市場と捉え外食産業としては県內企業では初の中國進出となるジョイフルの取り組みを紹介します。

      《なぜ中國か》
          ジョイフルは現在、日本で700店舗余りのチェーン展開を行っており、売上高では業界3位となっています。上海巧藝府餐飲有限公司(上海ジョイフル)の山本利明社長は、現在の中國の経済発展狀況や將來性から考えると、13億人の市場はとても魅力的で、しかも地理的にも文化的にも日本に近いという點で中國進出を決めたそうです。

      《大都市中心部へ出店》
          日本であれば郊外のレストランのイメージが強いJoyfullですが、中國では大都市中心部への出店となっています。徐家匯は上海で最も大きいショッピングエリアの一つで、日本で例えるなら東京の渋谷です。交通の便もよく、非常に多くの人で賑わっているところです。世界一の売上げのあるKFCほか、マクドナルド、ピザハット、味千ラーメン、サイゼリアなどライバルの外食店も數多く出店しています。

      (Joyfull 中國1號店) (人通りで賑わう徐家匯)

          山本社長によれば、第1號店はJoyfullのフラッグショップとして位置づけており、できるだけ多くの中國人にJoyfullを知っていただきたい、Joyfullブランドをしっかり発信していきたいということで大都市中心部への出店となりました。

      《ターゲットはホワイトカラーの中國人》
          中國では大卒の初任給が約3,000元(約45,000円)ですが、ターゲットは月収4,000元以上のホワイトカラーです。オープン後1ケ月間の客層は、中國人が7割、日本人2割、歐米その他が1割、7対3で女性が多く、年齢は20代~30代が中心とのことです。流行を作るという意味で女性に人気があることは重要で、清潔でおしゃれな店內とポップな雰囲気が女性に好まれているようです。また、中國では珍しいドリンクバーがあって、イタリアン、和食、エスニック料理など多國籍の料理が比較的安い値段で食べられるところも大きな魅力となっています。価格は安いもので5元、高いもので45元程度、平均客単価は約35元となっており、山本社長は、より多くの方に來てもらうためもう少し価格を下げていきたい意向です。

      (おしゃれな雰囲気の店內) (illy コーヒーが飲めるドリンクバー)

          中國人のお客さんは、友達同士やカップルで來る場合が多くサラダやポテト、羊の串焼きなど小物料理を何品か頼んで皆でシェアして食べるようです。日本ではハンバーグが圧倒的な人気メニュですが、中國では健康志向からかチキンステーキが大人気だそうです。

      《どこにも負けないサービス》
          中國のお店やレストランで、従業員のマナーが悪く、笑顔がないと感じた方は少なくないと思います。先日、大分國體の総合プロデユーサー塩屋俊監督に同行して來られた方も、
          數萬円の買い物をしたのに笑顔も何もないと憤慨していました。近代的なビルが林立し、日本よりもIT社會になっている上海市ですら、『お客様』という意識はごく一部を除いてまだまだ育っていない狀況です。逆に考えれば、禮儀作法をわきまえた笑顔のあるサービスができれば他店にない“売り”になるのです。
          Joyfullでは、サービスの核となる10人の中國人スタッフを大分の本社や東京のディズニーランド、有名ホテル等で研修したあと、客にとって中國のサービスと日本のサービスのどちらが気持ちいいかを考えさせ、スタッフが自分たちで考えた接客マニュアルを作成しました。決して慇懃無禮となることなく、きちっとした禮儀作法に裏づけされたフレンドリーなサービスをスタッフが心がけるようになりました。この點は中國のお客さんに非常に受け入れられていると言えます。実際に35元の客単価でこのレベルの接客サービスを提供しているのはJoyfullだけだと思います。また、一般的に中國ではお店の清掃業務は業者に委託していますが、Joufullではお店を大切にし、自ら清潔な環境を作るという意味でスタッフが清掃していることも人材育成につながっているようです。

      《今後の展開》
      (抱負を語る山本利明社長)

          8月末には上海2號店がオープン予定です。1號店が繁華街への出店だったのに対して、2號店は住宅街のショッピングモール內(大分で例えれば明野アクロス內)の出店です。
          山本社長は1號店ではできなかったことを2號店でやってみたいと意気込んでいました。當面は上海市內で4,5店舗出店して、その後は蘇州、無錫、杭州など上海周辺エリアへ出店していく方針です。
          中國の外食市場はとても大きな市場で將來性もある市場ゆえに、競爭も激化しています。
          この中で生き殘っていくためには、社會情勢やライフスタイルの変化を的確に捉えて、「安心」、「安全」、「健康」といった日本企業の得意分野を活かしながら、中國の食文化に「新しさ」、「楽しさ」、「便利さ」といったJoyfullの新風を吹き込むことが大切です。中國の地においてもJoyfullブランドが育っていくことを期待しています。
      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>