1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      過去の不幸
          「1937年、鬼子が中原に進出した。まず盧溝橋を打ち破り、次に山海関を打ち破り、汽車は済南まで走った。鬼子は大砲を引き、八路軍は引金を引く。ねらいを定めて通訳を撃ち殺し、両足ふんばり西の空を見る?!工长欷现袊违匹欹婴呛味趣庠俜潘亭丹欷肴藲荪丧楗蕖盒”鴱埜拢ē隶悭螗`)』の主題歌で、中國人なら誰もが一度は聞いたことがあるだろう??谷諔闋帳腔钴Sする少年の物語だ?!腹碜樱ē哎Дぅ海工趣いΔ韦先毡颈蚊锓Qだ。
          抗日戦爭を題材にしたドラマは數限りなく制作されており、現代中國人にかなり偏った「歴史認識」を刻み付けている。日本人は中國人に対し極悪非道を盡くしてきた得體の知れない恐ろしい民族であると。もはやそれを実際に経験したものはほとんど生きていないなか、今の若い世代はドラマや學校教育によって刷り込まれた歴史が現実であると認識する。
          それに対して、日本人の多くは1937年がどういう年だったかを忘れてしまっており、自分たちの親や祖父母が中國でどういう経験をしてきたかを知ろうとしない。問題點は、歴史認識の違いではなく、我々の歴史認識の欠如というところにあるのではないだろうか。たしかに日本人は多くの中國人を殺戮し、苦しめてきた。なぜそうなったのか、そのプロセスを振り返り、反省し、同じ過ちを繰り返さないことが大切だ。日本人は単なる「鬼」ではなく同じ人間なのだとわかってもらうために、歴史解釈についてお互い議論を戦わせてもいいと思う。
          今年は盧溝橋事件、そしてそれに続く第二次上海事変、南京事件から70年という節目の年だ。中國にかかわる日本人は、その時代についてもっと認識を深めるべきである。
      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>