1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      上海エンターテインメント事情
           2007102日から11日にかけて、上海でスペシャルオリンピックスが開催されました。競技自體はあまり話題に上らなかったのですが、イベントとしては國家を挙げて盛り上げており、開幕式では胡錦濤國家主席も出席し、大掛かりなショーの演出がされました。上海體育場を埋め盡くすような數のダンサーが踴りを披露し、さすが「人海戦術」の國だなと思いました。

           地方の會議やイベントでも必ず開幕式や招宴などでショーがあり、その地方の合唱団や舞踴団などが出てきますが、いずれも水準が高く、蕓能の層の厚さを感じます。

           今回は上海のエンターテインメントについてご紹介します。

      <音楽>

           上海ほどの大都市となりますと、エンターテインメントビジネスもたいがいのものがあって、世界的なビッグアーチストの公演も頻繁にやってきます。しかし、こういう狀況になったのは、改革開放政策が始まってからのことでしょうから、まだ観客層は未成熟です。例えばクラシックコンサートですと、おしゃべりをしたり寫真を撮ったりと目に余るマナーの人が多くいます。そういう人の多くはタダの招待券をもらってきた人で、休憩の後にはいなくなっていますが。ファン層が薄く、あまり知識がないので、世界的に有名な音楽家のコンサートでも當日券が買えることもありますが、テレビでよく目にする人のコンサートの場合は、教育熱心な富裕層が、子供に聞かせるためにすぐチケットが売り切れます。

           クラシックのコンサートホールは上海大劇院、東方蕓術中心、上海音楽庁などが主で、この規模の都市にしては少ないと思います。

           ポップスやロックなどの有名アーティストのコンサートは、八萬人體育場やその隣の上海大舞臺、虹口サッカー場など何萬人も観客を収容する會場で行われます。チケットは200元~2000元(3200円~32000円)と物価水準からいえば非常に高いのですが、それでもよく売れています。會場の入り口にはいつも黃牛(ダフ屋)が出ていますが、ニセモノのチケットもよくあるので要注意です。

           市內にはジャズなどの生演奏の聞けるライブハウスやバーもたくさんあります。まだ演奏者も客もほとんどが外國人です。將來はこうしたところから中國発のジャズアーティストが育ってくるのではと期待されます。

      ?<舞臺、演?。?/p>

           中國人は本當に踴り好きで、見るのもするのも好きなようです。早朝の公園では太極拳や京劇の振り付けを習っている人を多く見ますし、週末の夜の公園では社交ダンスをしています。舞臺蕓術も、舞踴劇からバレエまでさまざまな公演が毎日のようにどこかで上演されています。

           雑技(サーカス)は市內に3~4箇所、上海雑技団の常設雑技場があり、観光客に人気があります。上海の劇?コンサート場で一番人が入っているのは上海體育館で、年間42萬人、1度に1萬人以上入るのでもっともなのですが、それに次いで多いのはなんと上海雑技団の上海商場劇院で、年間34萬人です。毎日ほぼ満員ということです。

           それに比べ、伝統蕓能の京劇は常設の劇場が1か所ですが、上海市民にはあまり人気がないようです。たいがい當日券が殘っています。

      <映畫>

           映畫は新作が公開されると同時に海賊版のDVDが出回ります。映畫館の料金が30元~60元(480円~960円)もするのに、DVDは16元~10元(公開初期は高くなります)くらいですので、映畫館に行ってみる人はほとんどいません。それでも多數の映畫館がつぶれずにやっているのが不思議でなりません。それどころか、映畫の興行収入は伸びているということです。とはいえ、20年前上海に800か所以上あった映畫館が今は200か所あまり、映畫館に行く人數はジリ貧といえましょう。映畫館収入の數十倍規模の海賊版市場があるのです。

           映畫館の席はすべて指定席で、戀人同士座れるペア席もあり、やはり今も昔も映畫館はデートの定番、そういうお客さんで成り立っているのかもしれません。

           上映作品は許可される外國映畫の輸入総量が決まっており、外國映畫のほとんどはハリウッド映畫です。今年は、『ドラえもん』が公開され、日本のアニメ映畫としては初めてで畫期的なことでした。

      ?<スポーツ>

           中國ではスポーツはあまりさかんとはいえません。スポーツ観戦も、テレビではいろいろ放映はされていますが、熱狂的に盛り上がっているものはありません。

           國內のサッカーリーグも、ひところのブームは去り、今は低迷しています。野球のリーグにいたっては存在を知らない人のほうが多いくらいです。スポーツの人気を高めるためにはやはりスター選手がいないと盛り上がりません。アメリカのプロバスケットリーグで姚明(ヤオ?ミン)が活躍しているため、NBAはテレビでもやっていますし、バスケットをする人口は増えています。

           スポーツに関してはまだ商業ベースに乗るエンターテインメントにはなっていないようです。來年の北京オリンピックでブームに火がつく競技もあるかもしれません。

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>