1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      上海日本食事情
           上海にいる日本人の數は、居留屆を出している人が約4萬人、出張者等を含めると常時10萬人ほどの日本人がいるといわれます。日本人の數が多いこともあって、市內にはさまざまなスタイルの日本料理店が400軒あまりあります。內陸の地方都市ですと、湖北省武漢市で12軒程度、吉林省長春市に4軒程度しかないということですから、上海は中國でも特殊な都市といえるでしょう。

      <食べ飲み放題の店>

           一口に日本料理店といっても、いろんなスタイルがあり、総合的な日本料理店のほか、最近は焼肉屋、鉄板焼屋、すし屋、お好み焼き屋、焼鳥屋、ラーメン屋などの専門店も多くなっています。中國の日本料理店獨特の営業方法で、「食べ飲み放題」のお店も多數あります。98元で食べ放題とか、168元で食べ飲み放題といった形で何でも注文できるシステムですが、いろんな種類の料理を大勢で食べるのを好む中國人の嗜好にあっているようです。日本料理は値段が高いので、まだまだ客層は日本人が主流ですが、こうした食べ飲み放題は、中國人にとって日本料理の入門コースの役割を果たしていると言ってもいいでしょう。食べ飲み放題の場合、素材やプロセスが低コストで作られますから、口の肥えた人になると、高くてもいいからいいものを食べたいとなり、最近は食べ飲み放題のない高級和食店との二極分化が進んできています。以前は素材の仕入れ先も限られており、どの店も同じような素材しか手に入らなかったのですが、最近は中國內の調達先も増え、日本からの輸入食材も増えたため、こうした高級店化も可能になったのです。

      <食材の調達>

           日本料理といっても食材のほとんどは中國國內で調達されています。日本からの食材は、輸入した場合のコストが高いことと、米や野菜、肉などは検疫上輸入が禁止されているため、ほとんど使われません。近年、中國でも良質のジャポニカ米が栽培されるようになるなど、國內調達の食材の品質も向上しています。日本式の調味料、酒、海鮮などで、國內で調達できないものは、日本から輸入されたものを使用します。てんぷら油や小麥粉などは日系企業が中國內でも製造をしていますが、こだわりの料理店では、同じメーカーのものでも、日本製の品質がいいからとわざわざ輸入品を使っているところもあります。

           魚は、鯛、ひらめ、かんぱちなどは國內養殖できるので、安価で入ってきます。また、中國人にもっとも人気のあるサーモンは、北歐産が主流です。ぶりは、中國ではまだ養殖ができない魚のひとつで、大分、長崎、熊本、鹿児島などのものが昨年から相次いで輸入されるようになりました。

           牛肉は、狂牛病がらみで日本からは輸入できません。市內の料理店で、「神戸?!工洹杆邵嗯!工虺訾筏皮い氲辘馍⒁姢筏蓼工?、にせものか、本物だとすれば密輸品です?!更\毛和?!工趣丹欷皮い肴猡韦郅趣螭嗓?、山東省の黒毛牛牧場のものや、オーストラリア産の黒毛牛の肉です。牛肉も日本人の口にあった品質のものが、ここ1~2年で流通するようになってきました。

           日本製品で、日本料理店にもっともニーズのあるものといえば、各種調味料です。日系の調味料工場もたくさん進出してきましたが、まだまだ手に入らない調味料が多いということです。カツオ節、みりん、マヨネーズなどは大きなスーパーでもローカル系ではほとんど置いていません。

      <日本“風”料理>

           400軒も日本料理店がありますが、日本人調理人のいるところはほんのわずかです。地場系の日本料理店に行くと、日本人が「あれっ」と思うような「日本風」のものがときどきあります。具のない茶碗蒸しとか、カレーライスのてっぺんに漬物がのっていたりとか、てんぷらの衣がホットケーキの味だったり、から揚げに衣がついていたり(鳥天?)、意外な出會いが楽しめます。以前、アイスクリームのトッピングにミントのかわりにパセリが乗っていてびっくりしましたが、先日はチョコチップだと思ったら粉末コーヒーが乗っていました。

           一方、中國人向けに展開する回転壽司チェーンのように、わざと中國人の嗜好に合わせた商品開発をしているお店もあります。

      <上海日本料理協會>

           2005年秋、上海市內の日本料理人らで構成する「上海餐飲行業協會日本料理専業委員會(上海日本料理協會)」が、上海餐飲行業協會(上海レストラン協會)傘下の正式団體として発足しました。

           上海日本料理協會は、毎月の定例會で、會員間の交流の場を設け、食材調達の情報交換を行ったり、調理師を対象とした日本料理研修會を開催したりして、調理師の資質の向上と日本の食文化の普及をはかっています。

           上海で日本料理店が爆発的に増えたのはここ數年のことで、日本料理はまだ日本人社會內部のもので、中國人社會への浸透はまだ始まったばかりです。書店に行っても料理本のコーナーに日本料理を紹介する本は皆無に近い狀態です。日本からの食材の販路も、まだ日本人社會の小さなマーケットしかありません。巨大な中國人マーケットに売り込むためには、まず日本の食文化を知ってもらうことから始めなければなりません。

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>