1. <td id="mp5cn"></td>
      <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
    2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
      <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
    3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
    4. 日中経済協會上海事務所 大分県経済交流室 駐在員レポート
      上海通信事情
           中國では攜帯電話の盜難事件がよく発生します。駐在員やナショナルスタッフの間でも、攜帯電話を盜まれたという方が多數います。日本だと、人の攜帯電話を盜んでどうするのだろうと思いますが、中國の場合、電話機本體に番號が登録されているのではなく、攜帯電話の中にチップがあって、それを交換すれば簡単に番號を変えることができるのです。ですから、中古の電話機の売買が簡単にできるため、竊盜事件も多いのです。

           今回は中國の通信事情についてご紹介します。

      <電話、ファックス>

           電話やファックスは、日本と同じように整備されており、ビジネス等の連絡で困ることはほとんどありません。ただ、街角の公衆電話は、壊れていることが多く、攜帯電話も普及しているので、利用する人を見かけることはあまりありません。

           20068月時點での中國での電話の普及率は、固定電話36793萬臺(うち住宅用は28452萬臺)で28%、攜帯電話43747萬臺で32.7%と、攜帯電話の數が固定電話の數を追い抜いています。攜帯電話に関して言うと、2004年の普及率が20%程度でしたから、この2年の間に急激に増えています。

           攜帯電話の地域別の數を見ますと、一番多いのは広東省で6854萬臺、次いで浙江省の2867萬臺、江蘇省の2795萬臺と続きます。上海市は1546萬臺で、上海市の常住人口が約1800萬人ですから、子供や老人を除いて、ほとんどの人が攜帯電話を持っているといっていいでしょう。

           中國ではひと昔前はどこの家庭にも電話があったというわけではなかったため、家に電話はないが攜帯電話はあるという人も多く、固定電話時代を飛び越して、攜帯電話やインターネットが急速に普及しているのです。

           攜帯電話會社は「中國移動」(チャイナ モバイル)と「中國聯通」(チャイナ ユニコム)の2社があります。攜帯電話の加入は、プリペイド式であれば簡単に手続きができます。端末本體とは別に、電話番號の內蔵されたSIMカードと呼ばれる小さな電子チップを購入し、本體に裝著して使います。攜帯端末を買い換えても、このチップを差し替えれば同じ番號で使えるのです。料金は、市內通話なら10.6元、國際電話なら8元(+市內通話料)です(1元は約15)。料金は、プリペイドカードを購入し、そのカードの暗証番號を送信することで補充できます。

           攜帯電話には、ショートメッセージサービスがあり、料金は1回につき0.1元と通話に比べて安いので、簡単な連絡ならメールでやりとりする人が多いようです。

           中國のプリペイド式攜帯電話は基本料金もいりませんので、たびたび出張などで來られる方は、その都度レンタルするよりも攜帯端末を買って持っていた方がお徳かもしれません。

      <インターネット>

           20066月末現在の中國のインターネット人口は、12300萬人で、昨年同時期に比べ2000萬人、19.4%増加しています。この數字は2001年が2650萬人でしたから、5年で実に4.6倍にふくれあがっています。2001年の接続方法は、ほとんどがダイヤルアップでしたが、現在はブロードバンドが主流で、専用回線やダイヤルアップは減少傾向にあります。パソコンは庶民にとっては大変高価なものですから、ネット人口の主流は、ビジネスマンや學生と思われますが、市內のあちこちに「網巴」(ワンバー=ネットカフェ)があり、パソコンを持っていない人でもネット接続できます。ワンバーの利用者の多くは、おもにチャットやオンラインゲームなどの娯楽目的で利用しているようです。所得水準の向上にともない、自分でパソコンを持つ人も増え、ワンバーの數は減ってきています。

           ネットサイトの數は、20066月末現在、788400個あり、昨年に比べ11萬個、16.4%増加しています。ネット利用者の多くは、ブログを公開しており、そんな中から、流行小説やネットアイドルも登場しています。

           昨年、「芙蓉姐姐」と名乗る女性が(とても美人とはいいがたいのですが)、ブログ上で、體をS字にくねらせたポーズの自分の寫真を公開し、「私のS型曲線が男を悩殺する」など、自信たっぷりの「暴言」で一世を風靡しました。

           ホームページの掲載內容や書き込みには、當局は絶えず眼を光らせており、宗教関係や反政府的な情報、書き込みはシャットアウトされたり削除されたりすることがあります。こうした管理のもとでも、大量の情報がネット上でやりとりされており、その影響ははかりしれないものがあります。昨年4月の反日デモも、インターネットや攜帯メールで広く呼びかけがされたと言われています。

      <郵便、宅配便>

           中國の郵便局は、大きなところは土曜日曜や夜間でも営業しているので便利です。郵便料金は、國內便は日本に比べて非常に安いのですが、國際郵便のEMSなどになると、500gまで180元、以降500gごと40元と、日本並みの高さです。

           市內の宅配便は、文書や小さな荷物でしたら「快逓」と呼ばれるバイク便が便利で、5元くらいからの料金で即日配達ができます。宅配業者は、小さな企業が亂立している狀況で、日本のように全國ネットの大手企業はまだ少ないようです。したがって、市外に送付する場合は郵便の方が安心です。

           運送業者は一般に荷物の扱いが亂暴で、どんなものでも投げなければすまないくらいで、天地無用もお構いなしなので、梱包はしっかりする必要があります。

      【 もどる 】    【 Top 】
      久碰香蕉线视频在线观看视频_大胆欧美孕交人术艺术_国产片AV在线观看国语_日本最新免费二区

      1. <td id="mp5cn"></td>
          <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
        1. <acronym id="mp5cn"></acronym>
        2. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>
          <var id="mp5cn"><sup id="mp5cn"></sup></var>
        3. <optgroup id="mp5cn"></optgroup>